関ジャニが伊達公子を捜査!恵比寿フラウクルムのパンの評判は?

Sponsored Link

関ジャニ特命捜査班7係で、伊達公子がプロデュースを務めるパン屋(カフェ)、恵比寿にあるフルクラム(FRAU KRUMM)が特集される。渋谷すばるが担当するようだ。

フルクラムのは伊達公子が、美味しいドイツのパンと淹れたてのコーヒーを味わってほしい、そんなコンセプトのもとに開店したパン屋で。

メディアで特集される以前よりも前から、知る人ぞ知るパン屋として、パン好きからの評判も高い店だった。

今回、関ジャニ特命捜査班7係で取り上げられることで、さらに評判が高くなるかも。

本格的なドイツパンを焼くパン屋やカフェって少ないので、伊達公子という看板を除いても、貴重な店だと思います。

ちなみに、フルクラムのお店の名前の由来は、伊達公子の元夫に由来します。

恵比寿のパン屋『フラウクルム/FRAU KRUMM』

伊達公子 パン屋 フラウクルム

伊達公子がプロデュースするパン屋『フラウクルム』は東京恵比寿という好立地にある。

最寄り駅は、恵比寿駅。

恵比寿駅から広尾方面に向かっていく感じで、駅から5分ほど歩くとフラウクルムに到着する。

有名人の店だから目立っているということは特になく、外観もちょっと小洒落た町のパン屋さん、といった様子。

渋谷川沿いに店があると覚えておけば、見つけやすいかもしれない。

周囲の環境も落ち浮いた空気に満ちており、恵比寿だからといって喧騒で溢れているわけではない。

実際にフラウクルムを訪れてみれば、こじんまりとたたずんでいるな、といった感想を抱くに違いない。

散歩がてらふらっと立ち寄れて、そこで美味しいヨーロッパのパンと淹れたてのコーヒーを味わえるという、伊達公子が実現したかった想いがお店の外観や立地の面においても具体化されているのだ。

伊達公子 パン屋 フラウクルム 

フラウクルムの店内は広くはない

広くはないが、木の温もりを体験できる造りになっていて、4席ほどではあるが、イートインコーナーが設けられている。

伊達公子の名前を押し出しているといった様子は微塵も感じられず、伊達公子が展開しているパン屋だと知らずに通う客も多い。

教えたくないお店の1つですが、明後日の2017年3月18日には「関ジャニ特命捜査班7係」でもテレビ放映されるそうですので載せちゃいます。伊達さんのインタビューなどもあると思いますので興味のある方は要チェキラ。
引用元:食べログ

今回、関ジャニ捜査班で特集されて、逆に残念がる客もいるほどだ(お気に入りの店があらされるかもという意味で)。

特筆すべきは、朝の7時30分から営業していることでしょう。

フラウクルムの紹介ページに、

朝の慌ただしい時間のひとときに至福の時間を楽しめるように、焼きたてのドイツパンと淹れたてのコーヒーにフォーカスしています。
引用元:FRAU KRUMM/フラウクルム

とああるが、そのコンセプトに偽りはなく、ブレのない営業をしているよう。

大手のカフェは、朝早くからやっているけれど、個人で営業しているパン屋やカフェで、早朝からっていうのは案外少ないので、近所の住民からはかなり人気があるのではないだろうか。

通勤途中のサラリーマンにとっても便利かと。

伊達公子が提供するフラウクルムのパンの評判

伊達公子 パン屋 フラウクルム

フルクラムのウリは美味しいパン、それもドイツのパンです。

パン好きなら周知の事実かもしれないが、ぶっちゃけ、ドイツのパンってフランスパンなんかに比べると地味です。

フランスのパンのように派手で華やかではない。しかし、噛みしめるほどに、味わいが深くなっていく、素朴な味わいなのがドイツのパンの特徴です。

正直、ドイツパンというのは、日本ではマイナーな存在。逆に言うと、ドイツパンを好む人は、かなり通というか、パンのことを知っている層です。

その意味では、手強い相手をターゲットにしているのが、フルクラムといっていいでしょう。


ドイツの代表的なパンの種類には、

カイザー、クレセント、プレッツェルなどあるが、フルクラムはいずれも高いレベルのパンを提供していると評判が良い。

ドイツのパンの中では、カイザーが一番ポピュラーだが、フルクラムにあっては、クレセントやプレッツェルも人気。

気になる値段も、恵比寿にあるお店とは思えないくらい良心的(150円前後~)で、伊達公子さん、大丈夫ですか…と心配するくらいの値段設定だ。

なので、迷ったら全て購入するくらいの勢いでもいいかも。フルクラムの常連は、パンを買い溜めて、冷凍するみたいです。

関ジャニ特命捜査班7係に期待

Sponsored Link

関ジャニ特命捜査班7係で特集される、伊達公子のパン屋『フルクラム/FRAU KRUMM』だが、パン好きからの評判が高いパン屋であることが分かった。

しかも、恵比寿という立地にありながら値段もリーズナブル。

パンといえば、フランスパン、そんなイメージがしかなかった人もフルクラムを訪れることで、パンに対する印象が変わるかもしれない。

ドイツのパンは、見た目よりも、食感・風味が勝負のパン。

伊達公子のお店だからということではなくて、パンにこだわりがある人は、是非、恵比寿まで足を運んでみてはいかがでしょうか。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ