カープファン&女子へ地元民がおすすめ!広島お好み焼き店・次郎吉

Sponsored Link

広島地元民が、本気で美味しい!と思ったお好み焼き店を紹介します。

地元民といっても、私は生まれた時から広島に住んでいたわけではありません。ありませんが、生粋の広島県民ではないからこそ、

中立の立場に立って、判断できる部分があります。

広島に観光にきて、

広島といえばお好み焼きだけど…どこのお店が美味しいかイマイチわからない、

といった方に向けて、参考になればと思います。

広島お好み焼き おすすめ 次郎吉

今回、紹介するのは、私の一番のお気に入りのお好み焼き店『次郎吉』です。

場所は、多少わかりづらいです。

しかし、とにかく広島の美味しいお好み焼きを食べたい!

広島のお好み焼きの実力を知りたい!

という方には、本当におすすめできるお好み焼き店ですので、時間に余裕があれば、是非訪れてほしいです。

得に、カープファンの方や、しつこい味付けが苦手な女子にはおすすめの店でもあります。

広島でおすすめのお好み焼き店・次郎吉

広島お好み焼き おすすめ 次郎吉

 

 

 

最近、お好み焼きを食べるといえば、次郎吉しか行っていないような…頻繁に利用するお好み焼き店です。

広島のお好み焼きを嫌いになっても、次郎吉のお好み焼きだけは嫌いにならないでください、と言いたくなるような心持ちです。

広島を訪れた観光客の皆さん、

次郎吉のお好み焼きを食べてマズイと感じるのであれば、それはおそらく広島のお好み焼きは合わないという証拠です。

食べて違うなと感じるのであれば、生涯、広島のお好み焼きは避けたほうがいいでしょう。

(あ、冗談ですよ?)

次郎吉の場所

広島お好み焼き おすすめ 次郎吉

場所は、正直いって、わかりづらい。

パルコを起点として、平和大通りに向かって歩き、途中で右に折れるイメージです。

すぐ近くに、セブンイレブンがあるので、しいていえば、それが目印になるかな。

お店は、ビルの二階で、黄色い看板が目印。

雑居ビルといった感じの建物です。

店内の雰囲気

広島お好み焼き おすすめ 次郎吉

雑多な感じです。地元にあるラーメン屋的な雰囲気。

漫画や雑誌が埋め込まれた棚があって、テレビのモニターが二台設置されています。

お世辞にも、おしゃれといった感じではないです。

水が、ビールの中ジョッキに入って出されます。

ワイルドです(笑)

お好み焼き

広島お好み焼き おすすめ 次郎吉

 

肝心のお好み焼きです。

メニューは色々ありますが、初めての方におすすめするのが、

『次郎吉』という名の、お好み焼きです。

確か、一玉850円だったはず。クレジットカードも使えました。

看板メニューでもある『次郎吉』には、

ネギがたくさんかかっており、中には隠し味として、しその葉が混入されています。

広島お好み焼き おすすめ 次郎吉

このしそがポイントで、食べていて、しつこさを感じません。つまり、女子にもおすすめできます。

食べていて、物足りないと感じるのであれば、マヨネーズ(あるいはソースを追加で)をかけて好みにカスタマイズすればいいので、男性であっても問題ありません。

そば(麺)は、細めです。

そばは細めではありますが、キャベツの味しかしないなんてことはなく、しっかりと麺の味と食感がします。

そばがつまりすぎておらず、いい感じに空気が含まれていると、食べていて思いました。

口に入れた時の、

さっぱりした青ネギとしそ、ソースと豚の甘味、それらに絡む細麺、これらのバランスが非常によく、

最後まで飽きずにぺろっといけちゃいます。

しかし、何でしそを入れようと思ったのでしょうか?

王道をぶち壊す大胆さですが、でも、大正解です。

ちなみに、次郎吉に限らず、広島でお好み焼きを食べるのであれば、極力、皿に上ではなくて、鉄板の上で焼いて食べるようにしましょう。

広島お好み焼き おすすめ 次郎吉

広島のお好み焼きは、徐々に焦げ目がついてきて、食べ進めていくにつれ食感が変わっていくというのが味噌です。

皿ではダメなのです。肝に命じておきましょう(笑)

地元県民は、箸を使わず、画像のように鉄へらですくって食べます。

結構、難しいテクニックです。下手くそが真似すると、鉄板を汚すことになり見苦しくなります。無難に箸を使うのがおすすめ。

ええ、私は箸を使って食べてます…

次郎吉は女子やカープファンに得におすすめ!

広島お好み焼き おすすめ 次郎吉

次郎吉の看板メニュー『次郎吉』は、女子におすすめできるお好み焼きです。

たくさんの青ネギや隠し味のしそがアクセントとなって、しつこくなく、最後まで食べ切れるからです。

(店はあまりキレイではないですが…)

店主も、わりかしイケメンなので、その意味でも女子必見です(笑)

そして、この次郎吉の店主、(広島なので当然ですが)カープの熱狂的なファンです。

お好み焼きも、プロ野球の試合をチラ見しながら焼いています(笑)

カープに点数が入ったり、ピッチャーがピンチを切り抜けたりすると、

「うしっ」とか「よしっ」

などと、小声でつぶやきます。

私はプロ野球について詳しくないので、店主と話したことはありませんが、

もしあなたがカープファンならば、必ず足を運ぶべきお好み焼き店といえるでしょう。

お好み焼きを食べながら、かなりコアな野球話が出来ると思います。

広島で美味しいお好み焼き店を見つけるコツ

Sponsored Link

広島に引っ越してきてからも、観光気分が抜けきれず、仕事帰りに、ひたすらお好み焼き店を探してまわった過去があります。

その経験から分かったことが、ネームバリューは当てにならない、ということです。

創業○○年とか、行列ができる店、だとかの看板は、広島のお好みきに限っていえば、鵜呑みにしないほうがいいと思います。

観光客の方は、どうしても有名店や歴史ある店を選びがちですが(気持ちは分かります)、

創業○○年=美味しいという偏見は、美味しいお好み焼きを食べたいのなら、捨て去ったほうがいいでしょう。

もちろん、昔ながらのお店でも、美味しいお好み焼き屋はあります。

しかし、私個人の感覚でいえば、比較的に新しく開店したお好み焼き店のほうが、美味しいと感じることが多いです。

批判はされるでしょうが、これが正直な感想です。

広島お好み焼き おすすめ 次郎吉

広島のお好み焼きでポイントとなるのが、キャベツの量と麺の太さ、火の通し具合。

そして、老舗といわれるお好み焼き店は、お好み焼き全体に占めるキャベツの量が多い&麺が細めなのが特徴です。

おそらく、それが昔ながらの製法だからでしょう。

とにかく、キャベツの存在感が重く、面が細めだと、それが余計に強くなります。

こればかりは、好みかもしれないですが…

お好み焼き全体に占めるキャベツの量が多いと、どうしても、水っぽさを感じざるを得ず、お好み焼きを食べているというよりも、キャベツ多めの野菜炒めを食べているという感覚が拭えません。

もちろん、キャベツ大好き!という人には問題ないでしょう。また、老舗店の全てに当てはまるというわけではないです。

ですが、広島のお好み焼きを食べたけれど、キャベツの味しかしなかった…

という感想を抱いてしまう観光客の方が多いのは事実です。

広島に遊びにきた県外の友人も、そのようなコメントをするケースが多いです。

残念なことです。

 

この点、新進気鋭のお好み焼き店は、事情を踏まえているのか、キャベツの味だけで終わらないような工夫をしているように思います。

そばは細めが、広島のお好み焼きの王道ですが、

最近では、麺が太めのお好み焼き店も増えてきてます。

また、次郎吉のように、しその葉をミックスするといった斬新な発想する店も出てきてます。

それらの工夫が功を奏している店では、キャベツの味しか…ということにはなりません。

このあたりが、私が、歴史が浅いお好み焼き店をおすすめする理由です。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ