とんねるずの木梨憲武がサイン?広島薬研堀のお好み焼き八昌の評判

Sponsored Link

とんねるずのみなさんのおかげでした(フジテレビ)で、木梨憲武が、広島の薬研堀にある八昌(お好み焼き屋)を訪れました。

番組の企画は、日本一の「うどん」を求めるという趣旨ではありました。

しかし、そこはさすが、とんねるずの木梨憲武。うどんから外れて、横道にそれます。

行動の先は、広島のお好み焼き屋・八昌。うどんとは真反対のそば(そば玉)を食す、木梨憲武。

さらに、木梨憲武のトレードでもある、落書きのようあサインを店内の壁に施していました。

さて、この広島市の薬研堀地区にある『八昌』というお好み焼き屋。普段の評判はいかがなものなのでしょうか。

広島薬研堀のお好み焼き八昌の評判

とんねるず 木梨憲武 広島 お好み焼き サイン 八昌 薬研堀

『八昌』-青いのれんが目印

木梨憲武が訪れたお好み焼き店は、薬研堀にある八昌の本店です。

広島で1位、2位のお好み焼きという宣伝のされ方をされますが、少なくとも知名度では1、2位を争うだけの評判があります。

八昌本店は、飲み屋街にお店を構えており、いつも人が並んでいます

開店時間は夕方~、なので注意。

〒730-0027 広島県広島市中区薬研堀10−6

私も八昌を訪れたことがあるのですが、その時もやはり並びました。会社帰りで、確か、平日だったはず。それでも並ぶんですよね。

しかも、並んでいたのは、観光客といった様子ではなかった記憶があります。

つまり、地元民も並ぶ評判の高い名店ということです。

ただし、薬研堀にある本店は歓楽街に位置しており、周囲は、男性が喜びそうな店がたくさん店舗を構えています。

東京と比べて、呼び込みやキャッチなどは少ないので、とくに危険ということは無いと思いますが、

周辺環境も、そして店内も、おしゃれな空間といった感じではないので、そこは事前の知識として持っておいたほうがいいでしょう。

店内の雰囲気

とんねるず 木梨憲武 広島 お好み焼き サイン 八昌 薬研堀

八昌の店内の雰囲気ですが、いわゆる女性が好みそうな、落ち着いた雰囲気とはほど遠いです。

お好み焼き屋というよりは、鉄板のある、大衆居酒屋といった空気です。

八昌に限らず、広島のお好み焼き屋は、居酒屋としての役割を兼ねている店が多いのが特徴です。

お好み焼きがメインの、鉄板居酒屋というのが、伝統的な広島のお好み焼屋のイメージではないでしょうか。

得に、八昌の薬研堀本店は、その要素が強く、

鉄板を囲み、皆がアルコール片手にわいわいやっている感じです。

店員と地元民との掛け合い(広島弁)を楽しめるという点では、観光客にもおすすめのお好み焼き屋です。

お好み焼きを食べた感想

とんねるず 木梨憲武 広島 お好み焼き サイン 八昌 薬研堀

王道の『そば玉』を食べた感想ですが、基本、広島のお好み焼きは関西のお好み焼きに比べて、焼く時間が長いです。

その中でも、八昌のそば玉は得に焼き時間が長かった記憶があります。

焼いたというよりも、じっくり蒸して、仕上げに焦げ目をつけたというイメージです。

ゆっくり時間をかけたことが理由なのか分かりませんが、

キャベツの味が濃いです。

キャベツの甘味がしっかりに滲み出ているといった感想を私は持ちました。

逆にいうと、キャベツが苦手な方は控えたほうが無難かも。

とゆーか、キャベツが苦手な方は、広島のお好み焼き自体をおすすめしません(笑)

広島のお好み焼きは、言ってしまえば、キャベツ料理の側面が強い、少なくとも私はそういった認識でいます。

キャベツが好きな方は、広島のお好み焼きの評判が高くなる傾向にあり、逆も然りです。

しいていえば、キャベツが苦手な方は、そば玉ではなく、うどん玉を頼んだほうがいいでしょう。

広島のお好み焼きというとそばが入っているというイメージをお持ちかと思いますが、実は、うどんが入っているものもあります。

とゆーか、ほとんどの広島のお好み焼き店では『うどん玉』がメニューに置いてあります。

広島では常識です。

で、店によっては、うどんのほうが評判が高かったりします。

うどんのほうが太くて存在感があるので、そのぶん、キャベツの水っぽさが消えるんですよね。

とんねるず・木梨憲武のサインが八昌に…

とんねるず 木梨憲武 広島 お好み焼き サイン 八昌 薬研堀

いやあ、木梨憲武という男、やりますねー。八昌の壁にサインを書き込んで去ったようです。

八昌本店といえば、ある意味、広島では重要文化財クラスの建築物だと思うのですが、なんの躊躇もなく、壁に得意のサインを残していきました。

大物玄能人だからこそ許される業です。

これ、一般人だったら、問題だったかも(笑)

まとめ

Sponsored Link

とんねるず・木梨憲武が訪れた、広島市の薬研堀地区にあるお好み焼店『八昌』ですが、

地元民も並ぶ、広島屈指の評判を誇るお店でもあります。

キャベツの甘味が十二分に味わえるお好み焼き屋ですので、

キャベツ大好きな人にはおすすです。

ただし、店内は、さがわしい雰囲気に満ちていますので、そこはご注意を(笑)

今後は、木梨憲武のサインも見られるので、さらに評判は増すでしょう。

とゆーか、木梨憲武、うどん企画なんだから、うどん玉を頼めばよかったのに

【関連記事】

笑ってコラえて♪吉岡里帆と佐藤栞里が行く広島お好み焼店&居酒屋

広島の流川地区に、吉岡里帆と佐藤栞里が訪れたようなので、二人が立ち寄った店が気になる方はチェックしてみてください。

『笑ってコラえて』の撮影だったみたいです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ