Sponsored Link

情熱大陸で特集されていた、掛神淳かけがみあつし)54歳が手がける山形ラーメン、琴平荘のラーメンが美味しそうだったので、実際に食べてみた人の感想や評判を調べてみた。

琴平荘のラーメンは通販でもGETできるので興味がある方は是非↓

琴平荘のラーメンの味の評判や感想は?

評判を調べて見ると以下のよう感想や評判が散見された。

  • いつも混んでいて平日であっても2時間待ち。
  • 麺は中太ちぢれ麺、噛みごたえあり。
  • スープの濃さは普通〜ややこってり。
  • 濃すぎることはないが、あっさり好きな人はあまり向かない
  • 魚の匂いはきつくないが、そもそも魚の匂いがダメな人にはそもそも向かない。
  • 見た目は濃いが味はそこまでここさはそこまでじゃない。
  • 意外なとポイントとして、海苔ががかなり美味しい。
  • チャーシューはいたって普通。

食べた人の評判をまとめると、
琴平荘のラーメンの味は、スープがウリであり、スープは魚介系の醤油味でベーシックな仕上がり。
チャーシューやトッピングにはこれといった特徴がなく、スープで勝負といったスタイルのラーメンだ。スープは、あっさりすぎずこってり過ぎず、バランスの良さが特徴。そのためパンチの効いた味、斬新なスタイルを求める人には、琴平荘のラーメンは向かないかもしれない。その代わりに、飽きのこない味を求める人には、おすすめのラーメンと言えるだろう。

琴平荘のラーメンは通販でGETできる?

琴平荘のラーメンは通販でも楽しむことができます。

4食入りで2160円なのでまあまあの値段だが、情熱大陸で特集されたラーメンが、一食500円程度で食べられるのなら、安いとも言えます。

山形まで遠くてなかなか行けないからねえ。

山形ラーメンの特徴は?


琴平荘のラーメンは山形ラーメンに属するのだが、山形ラーメンの特徴といえば、昔ながらの中華そばを連想させるような、醤油ベースのスープを使ったスープに特徴がある。

情熱大陸で特集された琴平荘のラーメンも、その例外ではなく、醤油ベースのスープだ。普通の醤油スープと違うのは、アゴのダシを使った魚介系にアレンジされている部分。

ちなみに山形では醤油ラーメンの事を、醤油ラーメンとは言わずに、中華そばと呼ぶことが多いらしい。

さらに驚くべきことは、山形ではどの蕎麦屋でも当たり前のようにラーメンを提供していることである。

蕎麦は蕎麦、ラーメンはラーメンという感覚ではなく、蕎麦の種類のうちの一つがラーメン、つまり中華そばというような考え方なのだろう。

Sponsored Link