2017ホワイトデーはスタバのギフトカードで!ラインで送る?

Sponsored Link

ホワイトデーのお返しを何にしようか迷ったらスタバのギフトカードをプレゼントする、という選択肢もありです。

おしゃれ&実用的

ということとで、非常にバランスのとれたお返しになります。

スタバが嫌いな女性ってあまりいないから(たぶん)。

もちろん、あなたの住んでいる地域が、ど田舎で、

近くにスタバなんてねーよ、っていう人にはさすがにおすすめしませんが…

そうでなければ、2017年のホワイトデーのお返しには、スタバのギフトカードを検討してみるのもいいでしょう。

2017ホワイトデーはスタバのギフトカードでお返しがおすすめ!

2017 スタバ ホワイトデー ギフトカード

仮に使う機会があまりなくても、スタバのギフトカードはデザイン性に優れているので、持っているだけで、何となくいい気分になれるという利点もあります。

また、私も最近まで知らなかったのですが、

スタバのギフトカードはLINE(ライン)を使って、データ送信できます。

距離が離れていても、ラインを使い、瞬時に相手にスタバのコーヒーをプレゼントできるわけですから、

活用次第では、かなり気の利いたプレゼントになると思います。

ホワイトデーのお返しに限らず、幅広く応用できるサービスなので、知っておいて損はないサービスでしょう。

(詳しくは後述)

スタバギフトカードの値段

スタバカード ギフトカード ホワイトデー

カードそのもの自体は無料です。

但し、最低1000円のチャージをしなければ購入できないので、実質1000円から購入できるといっていいでしょう。

チャージの額は1000円~30000円の間で設定できます。

カードの使い方は?

スタバカード ギフトカード ホワイトデー

カードの使い方は簡単です。

Suicaと同じように考えればOK。

カード内にチャージされている金額の範囲内で、スタバの商品を購入できます。

残高が無くなったら、また(店頭)でチャージして使うことになります。

カードの購入場所は?

スタバカード ギフトカード ホワイトデー

お近くの店舗で購入できます。

スタバに頻繁に通っていると、顔を覚えられて、スタバカード作りませんか?って店員さんから案内されたことがありました。

いつもスタバはクレジットカード決済にしているのですが、

カード決済だと、その都度署名する必要があるので、確かに面倒だったりする。

あ、ちなみに、スタバカードとギフトカードは実質同じです。

ギフト用にラッピングしてくれるだとか、メッセージカードを添えてくれるなどの違いでしょうか。

豊富なカードデザイン

スタバ ホワイトデー ギフトカード

カードのデザインは、おしゃれなものばかりです。

ホワイトデー用のデザインも販売されますが、得にホワイトデーのデザインにこだわる必要は無いと思います。

人気なのは、毎年2月中旬ごろから期間限定で販売される、

スタバのSAKURA(さくら)デザインのカード。

(写真は2017年ではなく、2016年度版のデザインです)

かなりの人気なので、売り切れの覚悟もありますが、購入することができればラッキーです。

春も近いので、ホワイトデーのプレゼントとしても申し分ないでしょう。

なお、花火のデザインのギフトカードも人気です(季節はズレますが…)。

ライン(LINE)でもギフトカードを送れる?

Sponsored Link

スタバのギフトカードですが、ラインでも相手に贈ることができます。

いわゆる店頭で購入するカードとは全く同じではなく、

チャージ形式ではなく使い切りタイプです(おつりはでない)。

一枚、500円(税込み)で購入できます。

ラインでギフトカードを贈るってどーゆーこと?

って疑問に思う方もいるかもしれません。

詳しくは公式サイトを参照

簡単に説明すると、

クーポン券(データ化されたもの)をダウンロードして、

そのダウロードした情報を、メッセージとともにラインで相手に送信するといったイメージです。

具体的には、スタバからURLが送られてくるので、それをコピペしてラインのメッセージ本文に貼り付けるといった流れになります。

おつりはでないので、500円目一杯の商品を購入しないと損という難点はあるものの、

スマホでさくっと相手に贈れるという手軽さはあります。

例えば、デートの待ち合わせにスタバを使用するとして、事前に、ギフトカードをラインで送っておくなどすると、かなり喜ばれるのではないでしょうか。

このラインを使ったスタバカードのサービスは、利用の仕方によっては、かなり気の利いたギフトになります。

ホワイトデーに限らず、様々なシーンで活用できると思います。

ちなみに、ラインだけでなく、普通のメールや、フェイスブックでも適用できます。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ