Sponsored Link

先月号の週プレのインタビューで、元AKBの峯岸みなみがYouTuber デビューを考えていると答えていて興味深かったのだが、どうやら本当に YouTubeデビューを果たすようだ。

元AKB峯岸みなみが卒業後にYOUTUBERになる理由

 

さて、まずは週プレのインタビュー記事からの抜粋

でも YouTube はやりたいですね

(インタビュアー)坊主で懲りたはずでは…?

世間からのイメージが悪いので、そこをなんとかしたい。悪い子じゃない。楽しくていい子って言われるんです。
YouTube は距離が近いし、イメージアップできるツールになればいいなって。それでお芝居とか表に出るお仕事につながればいいなって思います。

上記のようにインタビューで答えていることからすると、

峯岸みなみがYOUTUBERに足を踏み入れる理由はおそおらくこうだ。

自分はテレビだとどうしても悪いイメージをつけられてしまう、しかしYouTubeであれば直接自分で情報を発信できるので、普段の自分を知ってもらう手立てになるはずだ、という期待だ。

まあ確かにテレビだと素の自分とはかけ離れたキャラを押し付けられてしまう傾向があるので、タレントからすると、宣伝効果は大きいけれども、一方で勝手なイメージをつけられてしまうというリスクはつきまとう。

インタビューでは穏当に答えているが、内容を読む限りテレビでの自分の売り出され方に対して疑問を持っていたんじゃないかなって、僕は峯岸みなみに対して感じます。

確かに彼女の言う通り、申し訳ないけれども、峯岸みなみに対しての僕の印象も良くはないかなって思います。坊主の件もあるのですが、それ以外の部分でも、元モーニング娘。の矢口真里と重なるイメージがあります。

なんかこう、自分さえ売れればいいやっていう、そんなキャラクターのイメージがありますね。

ただ、卒業後の活動活動ではAKB の裏側や闇を暴露するといったようなことはやらないと、それだけはしませんとインタビュー内で宣言しています。

その言葉を信じるならば、峯岸みなみのYouTubeチャンネルでAKB 時代の裏話を暴露するというようなことは期待できないことになります。

卒業後の進路は?

卒業後の進路は何も考えてないと、あっけらかんと答える峯岸みなみ。

卒業需要でバラエティ番組に出演させてもらって、その間に考えます。

と、冗談めかして回答している。

一方で、YOUTUBEをやりつつそのチャンネル内容がきっかけとなって芝居などの他の仕事に繋がればいいとも考えているようだ。

坊主にした理由は?

Sponsored Link

ちなみに週プレのインタビューでは、坊主にした理由についても正直に語っていました。

あんなことになるとは思っていませんでした?自分の中で終わらせるつもりだったのに、日本のアイドルはおかしいとか詰めたのはアイドルオタクだって風潮になってしまったのは、すごく申し訳なかったです。

と、謝罪。

なんであんなことを?というインタビュアーの質問に対しては、

たぶん今のユーチューバーみたいなのにだったんですよね。ちゃんと謝りたいってのはあったけど、にしたかった。でも世間と完全に温度差がありましたね。

とまあ、つまるところ話題作りをしたかったってことですね。

謝罪はするけど、どうせやるならただの謝罪では面白くないってことです。

なるほど、確かにその発想は根っからの YouTuberとも言えます。

Sponsored Link