Sponsored Link

矢田亜希子といえば、ドラマ『愛していると言ってくれ』のイメージが強い女優さんです。

今回は、矢田亜希子の若い頃について、

画像付きでまとめてみました。

卒アル画像成人式の画像も紹介します。

矢田亜希子の卒アル画像がかわいい

(卒アルの画像)

矢田亜希子の卒アルですが、上の画像の通りです。

右の画像の頃になると、もう今の矢田亜希子って感じです。

左は小学校の時の画像でしょうか? 小学生時代だとすれば、芸能界に入る前の画像ということになりますね。矢田亜希子は中学2年の時に原宿でスカウトされ芸能界入りを果たしているので。

原宿でお母さんと買物している最中に声をかけられたらしいです。

(現在の矢田亜希子)

内田有紀もそうなんですが、芸能人って母親と一緒にいる場面でスカウトされることが多い印象。

母親と一緒だと、その子の成長後が確認できるので安心感があるとか、そーいうのがスカウティングの心の中であるのでしょうか。母親が美人だとその娘も間違いない、みたいな。興味深いところです。

矢田亜希子に限らずすべての女優さんに当てはまることですが、学生時代は今よりすこしぽっちゃりしてます。

広末涼子なんか完全にそのパターンです。

それにしても矢田亜希子は正統派美少女って空気がこの頃からでてます。

矢田亜希子が若い頃の画像を自ら紹介

(矢田亜希子が赤ちゃんだった頃の画像)

矢田亜希子の若い頃の写真ですが、なんと本人がブログにて画像公開してくれています。

出演するテレビ番組の関係で子供時代の写真を探す必要があったようです。

(2歳の矢田亜希子)

2歳の頃の矢田亜希子です。

洋服がかわいい。胸元のリボンが良いです。

この頃は、この子が矢田亜希子ですと言われないと、今の本人と結びつかないですね。

しいていえば、鼻の形だけは今と変わってないかも。

(4歳の矢田亜希子。隣にいるのは兄)

4歳の頃の画像です。隣で並んでいるのは矢田亜希子のお兄さん

これは自宅の前でしょうか? やたら豪華な扉なのが気になります。実家は裕福だったのかな。

矢田亜希子によるとお母さんはかなり洋服のセンスが優れてる女性だったそうです。確かに、ソックスの色選びにセンスを感じます。ソックスの色を白とか黒にしてしまうと、全体的に暗くなってしまいますから。センス良いと思います。

(高校時代の矢田亜希子)

高校時代の写真を探すのに苦労したらしく、この写真は学生時代の友人から提供してもらったものらしい。

この画像が公開されたことで、ギャルだったとか、昔はヤンキーだったとか(ネット上では)騒がれた過去あり。

そう見えるのは、おそらくメイクのせいじゃないかなと思いますけど(すっぴんだったらゴメンナサイ)。

高校生って、メイクするともれなくヤンキーっぽくなっちゃうんですよね。

あと、時代性もあると思う。

矢田亜希子が高校生の頃って、安室奈美恵の影響でガン黒ギャルが生成された時代。時代の影響をうけて、お洒落しようとすると、なぜかギャルに寄っちゃうってのがあったかも。

ちなみに、男は木村拓哉のドラマ(ロングバケーション)影響で、もれなくロン毛の男性が多かったです。

(着物は成人式の時の矢田亜希子)

着物を着ているのは成人式の時に撮ったものだから。

あー、確かに多少ギャルっぽく見えますが、これ、メイクと髪型のせいだと思いますわ。

今はナチュラルメイク全盛だけど、この頃はちょっと濃い目が流行っていたんでしょうか。

それにしても、正統派美人というか。ほんと、キレイですね。弱点の無い顔の造りというか。

まとめ

Sponsored Link

さて、矢田亜希子の若い頃に焦点を当てて記事をめとめてみましたがいかがだったでしょうか。

矢田亜希子の若い頃の画像をチェックしていると、

女性って中学に入ったあたりくらいから美人とそうでない人の差がはっきりしてくるのかなと。

小学生まではある意味全員かわいい。その後に差が…

私自身の学生時代の卒アルを見てみても、やっぱり中学以降で差がつくなーと感じました。

Sponsored Link