【刑事ゼロ】瀧本美織の過去はバンド歌手?LAGOON時代の動画

Sponsored Link

刑事ゼロに出演している瀧本美織の過去について紹介します。

瀧本美織を知っているひとはにはもはや言うまでもない話ですが、瀧本美織って昔LAGOONっていうガールズバンドのボーカルを担当していたんです。

当時、ミニスカ姿で拳を振り上げ力強い歌唱を披露していたことは、刑事ゼロで演じる役柄からは想像できないですが、本当の話です。

刑事ゼロに出演!瀧本美織の過去は歌手だった?

 

刑事ゼロで瀧本美織が出演したことで、

瀧本美織って、

バンドの歌手やめたと思ったら女優として活動してるんだ?

と驚いたひとも少なからずいるよう。

ただ、このバンドの歌手をやめた、というのは実は誤った表現で。とゆーのも、瀧本美織ってもともと歌手ではなくて女優なんです。根っからの女優

ただ、女優としての知名度よりも、ガールズバンド『LAGOON』の歌手としてのほうが世間では名前が売れていたため、元歌手と誤解されがちなだけで。

見方を変えれば、LAGOONというガールズバンドが人気だったとも言えるのですが、ここで気になるのが、

LAGOONってどんなバンドだったの?

という疑問。

 

短期間で解散してしまったため誰もが知っているというわけではないでっすが、LAGOONってコアなファンが多く瀧本美織の歌声がクセになると評判だったんです。

瀧本美織の『LAGOON』時代の動画

まず、LAGOONというバンドを知ってもらうために動画を一つご紹介します。

LAGOONの雰囲気がつかめるはず。

まず、瀧本美織のビジュアル。刑事ゼロとは180度違うテイストですね(笑)。刑事ゼロで瀧本美織を初めて知ったひとはこのギャップに戸惑うかも。

このLAGOONというガールズバンド、女優がボーカルを務めるわりには強くて激しい楽曲が多いんです。バックの演奏メンバーもそれなりにレベルが高く、ガールズバンド不毛の昨今においてはかなり注目されていた記憶があります。

LAGOON結成の経緯

上の動画をチェックしてもらうのが一番手っ取り早いですが、

LAGOONとは、

二足のわらじをはくガールズバンド

というコンセプトをもとに結成されたバンドです。

二足のわらじをはくって何?

ってことですが、要するに、普段はそれぞれ全く異なった職業を持つ女子らが集まってバンドを組み大好きな音楽を奏でるという、ことです。

普段はそれぞれ違う職業を持つというところがポイントで、

ボーカル担当のミオリ(瀧本美織)、普段は女優

ベース担当のナナ、普段は救急救命士

キーボード担当のユキノ、普段はカフェ店員

といった具体に、各々違う職業から成るグループとなっています。

元女優とか、元救急救命士とかいうんじゃなくて、

現在進行系で女優や救急救命士、カフェ店員をやっているというのがウリ。まさに、二足のわらじをはく、です。

ライトノベル的な要素があってコンセプトとしては面白かった。

ただ、二足のわらじをはくバンドなゆえに、各々本業が忙しくなり解散しちゃったのかも(笑)

ちなみに、LAGOONというバンド名は瀧本美織本人が命名したそうです。

まとめ

Sponsored Link

刑事ゼロをみて瀧本美織って誰?って気に、なるひともいるかと思い、ガールズバンドLAGOONについてまとめてみました。

瀧本美織は今も昔も女優であることには間違いないですが、二足のわらじをはくをコンセプトにしたLAGOONというバンドのボーカルを担当していたということは知っておいて損はないでしょう。

スーツでびっしりキメる瀧本美織と、ミニスカ姿で拳を振り上げ力強い歌唱を見せる瀧本美織、この両者のギャップがいいですよね。

LAGOON、また復活すればいいんじゃないかな。

ゴールデンタイムの刑事ドラマに出演しながら、ミニスカでバンドやってたらそれこそ当時よりもさらに話題になると思うんですよね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ