ドラマ『初めて恋した日に読む話』に出演している安達祐実が可愛い、というか肌が奇麗すぎる!

37歳であの美肌はスゴイ!

三十代後半のときの永作博美も卵肌で有名だったけど、安達祐実もそれを彷彿とさせますね。演技も上手いし、可愛いし、再ブレイクするのも納得ですわ。

さて、今回は

安達祐実のような美肌を保ちたいという女性のために、

安達祐実様が普段愛用している化粧品

について調べてみました。

・安達祐実のスキンケア…美肌のコツはNOクレンジング

安達祐実がこだわってる美肌を保つコツは、

クレンジングをしないこと、つまりクレンジング不要の、いわゆるミネラル系の化粧品を使うことにあるようです。クレンジングを使用せずに、石鹸洗顔を実践することで、一時悩まされていた肌荒れがピタリと治まった経験があるのだとか。

以前、『クレンジングをやめたら肌がきれいになった』(文藝春秋刊)のメイクモデルをしたことで知ったケアで、実践してみたら、本当に肌荒れがなくなりました。クレンジングの必要のないミネラル系の化粧品を使い、石鹸で洗顔することで、自分本来の肌の力が引き出されるそうです。

引用元:https://diet.news-postseven.com/21804

安達祐実が雑誌のメイクモデルをしたのをきっかけで体得したスキンケアです。興味がある方は実践してみてはいかがでしょう。

 

まあ、現実問題として常にクレンジングなしで生活をするというのは難しいので、なるべくクレンジングをしない方向で過ごすように試みる程度の心構えでいよう、みたいなノリのようです。

ほか、化粧水美容液の類はコンビニや無印良品で済ませ、

クリームだけはそこそこ『上等なモノ』なものを使のが安達祐実流のスキンケアなのだとか。

レンジングや洗顔は、特にこだわりありません。コンビニとかで買います(笑)RMKのスクラブは小鼻の汚れがスッキリ落ちて好きです!化粧水と美容液は無印のエイジングケアライン。

引用元:本人のブログより

安達祐実愛用の化粧品(クリーム)はドゥ.ラメール

安達祐実が愛用しているちょとリッチなクリームとは『ドゥ.ラメール』で、30mlのものが2万円前後で販売されています。

美容に意識のある女性であれば、お馴染みの商品ですよね。

少々値段はしますので、毎日使うには厳しいかも。

ですが、バレンタインを皮切りに、

ホワイトデー

卒業式

卒業旅行

入学式(入社式)

などなど、

アイフォンのカメラが大活躍!

私のスマホにも相手のスマホにも、その日の画像が一生残る…

というイベントが続いていく時期でもありますので、

ちょっとリッチなクリームを一つだけ持っておくのもいいかもしれません。

安達祐実も、全てに高価なものを使っているわけでなく、

クリームはちょっと良いモノを使って、あとは軽く流す

を基本スタンスにしていますしね。

 

さすが芸能人!金持ち!と思うところですが、すべての化粧品に高価なものを取り入れているわけではなく、しいて高価なものをあげるとすればドゥ.ラメールのクリームということらしいです。

クリームはちょっと良いモノを使って、あとは軽く流す

っていうのが安達祐実が実践しているスキンケアの基本。

安達祐実が指摘するポイントは、

使用するもの全部をリッチにしないことにあります。

雑誌のインタビューでも答えていますが、全て上等な商品で揃えてしまうと、(値段が高いモノは効果が強いゆえ)逆に肌荒れの原因になるおそれがあるからというのが理由です。

ファッションも、すべて一流ブランドで揃えてしまうとうるさくなってしまいますからね。押し出すポイントを絞る、みたいな感覚でしょうか。

まとめ

Sponsored Link

さて、今回は安達祐実の美肌・スキンケアについて調べてみましたが、

まとめると、

  • クレンジングは極力避ける
  • 化粧品も特にこだわりはなく無印とかコンビニ商品使っちゃう
  • クリームだけはドゥ.ラメールのものを使用
  • リッチな化粧品をあれもこれも使うのは肌荒れの原因になるのでやらない

といったところでしょうか。

安達祐実って、37歳でも可愛いって人気なんだけど、ファン層が男性じゃなくて女性中心になってきている。

子役やってたときは女優半分アイドル半分って感じでしたが…大人になって上手いこと今のポジションを獲得したなあと。

安達祐実の場合、子役のイメージが強すぎてそれが女優としてマイナスになり兼ねなかったのだけど。離婚を経験して、図らずも子役のイメージをキレイサッパリ払拭することができたのだと思います。初めて恋した日に読む話に出演している安達祐実を見ていてそう感じました。

まあ、もちろん安達祐実の女優としての実力があってのものですが。

Sponsored Link