喫煙者不採用は差別?違法?星野リゾートなど実施企業が増加!

Sponsored Link

喫煙者を採用不可とする企業が増えつつあるということで、賛否両論が巻き起こっています。

タバコを吸わない私はあまり気にしませんが、職場には喫煙者が相当数いるので、彼らの心を刺激する話題だろうなーとは思います。

喫煙者不採用なんて差別だ!違法だ!っていう意見は当然予想されますが、実際のところどうなんでしょう。

星野リゾートなど『喫煙者採用不可』を実施ている企業!

喫煙者採用不可としてる企業の例は、

星野リゾートが一番有名です。

その他にも、岐阜セラツク製造所(化学品メーカー)が採用不可にしているという情報があります。

表立って採用不可としている有名企業は未だ少ないようですが、

社員に対して禁煙を全面的に推奨している企業はかなりの数にのぼることが予想され、

具体期には、テレビ通販で有名なジャパネットがそうだ。

接客業や医療・科学関係のメーカは、業務を遂行するにあたり喫煙禁止とする合理的な理由が強いので、採用基準とすることが比較的やりやすいと予想される。

一方で、ジャパネットのようにそうではない企業については、明確には喫煙禁止を打ち出しにくいという事情があるのかなとうかがわせる。

健康面だけが不採用の理由かと思ったら、タバコを吸うやつは『タバコ休憩』をするから働かねー!っていうのも理由にあるようです。まあ…そんなこと言ったら、タバコを吸わない私は『スマホ休憩』をよくしてますが(笑)。

スマホ使用者はよくサボるから不採用!ってなったら困ります ^_^;

小規模の組織に焦点を当てると、喫煙者不採用の職場は(特に医療関係においては)昔からあったみたいです。

私の業界でも、不採用はないにしても、喫煙者は給与が○○万円低い、っていう求人は見かけました。

喫煙者採用不可は違法?

喫煙を理由に不採用にしたところで違法ではないよ~、っていうのが原則的なスタンスのようです。

民法では『契約自由の原則』という大本となるルールがあって、どういった内容の契約を結ぶのかは当事者の自由だ!という考え方が貫かれているからです。

つまり、

誰かをどういった理由で雇うか雇わないかなんて、そんなもんは雇う側の自由だ!

ってことです。

このことは、雇う側の立場になってみると分かりやすい。

例えば、あたなが何かの商売をやるにあたり起業をしたとして。誰かバイトを採用しようとしたときにです、

やっぱり気が合ったり趣味が合ったりする人を採用したいと思うのが素直だし、逆に、気が合わないと思った人は採用したくないのは普通のことでしょう。

組織っていうは同じ目標に向かって利益を追求していくわけだから、

どういった理由であれ、

結果的にウマが合う人間と一緒に仕事をしたほうが良い結果が出るに決まっています。

であるからして、気が合わないな、採用したくないなと思った理由が、

なんだ、俺は阪神ファンなのにコイツは巨人ファンか、気が合いそうにないな、喧嘩すると業務が停滞するかも…よしっ、不採用!

であれ、

アイドルの推しメンが違う、気に食わない!よしっ、不採用!

であれ、

それはそれで、雇う側の自由な判断ということになります。

ましてや、喫煙を理由とする不採用の場合は

・健康面に関するリスク管理

という具体的な理由があります。

ゆえに、喫煙者を理由とする不採用についてはよほどのことがない限り違法にならないだろうし、また違法にすべきでないと思います。

喫煙者採用不可は差別?世間の声は?

喫煙を理由とする不採用は果たして差別にあたるのか?

法律上(憲法上)の差別にあたるかどうかは別にして、感覚としてどのように世間はと

らえるのか興味があったので、Twitterで軽く世論調査をしてみました。

喫煙者のみならず、禁煙者であっても差別と感じる人がいるようです。

喫煙の権利って憲法上も一定の保護を受けてるわけで、それを害するのは差別だ!って意見です。

ただ、喫煙行為は『権利に至らざる利益』であって、権利とまでは認められてないよー、って大学の授業で習った記憶ある。仮に憲法上の権利であったとしても、公共の福祉(=周囲の健康)に反することはできないとされてますし。

まあ、不採用=悪者扱いする、ではないと思いますが。

賛成意見(差別じゃない!)を見てみましょう。

喫煙者は休憩長い!許せん!っていう声は意外に多いです。

理解はできるけど、だからといってそれだけの理由で一律不採用はやりすぎでは?ってのは思います。

業種によっては、不採用当然!っていう意見です。宅配とか、確かにタバコ臭いのはNGですね。

私も、同意見です。宅配や接客は喫煙者採用すんなよ!って思うときありますもん。

ホテルで禁煙室予約したのに、喫煙者が清掃してるか勘弁してよ!ってなる。

まとめ

Sponsored Link

全体的にみると、

不採用はやりすぎ!差別では?

っていう声が多かったように思います。

喫煙者のみならず、禁煙者であっても不採用に反対する意見が散見されたのは注意深い側面です。

ただ、世の中の大きな流れとして、嗜好品摂取による過ちには厳しい態度を取られる昨今なので、

(タバコよりもむしろお酒のほうがその面が強いかも)

若者に喫煙者が減っていることも考えると、将来的には喫煙者不採用はどんどん広まっていくんじゃないかなーって思います。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ