まんぷくのロケ地は?同志社大学の今出川キャンパス&武庫川女子大

Sponsored Link

朝ドラ『まんぷく』のロケ地について調べました。

赤レンガの外外壁に覆われた雰囲気ある建物が気になり、あれどこかで見たことあるな…と思ったら、

同志社大学の今出川キャンパスでした。

ほかにも、武庫川女子大学の甲子園会館もロケ地として疲れたようです。

いずれも、ロケで長谷川博己と安藤サクラが訪れています。

まんぷくのロケ地に!同志社大学の今出川キャンパスが登場

クラーク記念館

大学側からも公式でアナウンスがされています。

安藤サクラや長谷川博己もキャンパスを訪れたようです。

もともと、関西地区の大学はドラマロケ地で使用されることが多く、それだけ趣のある造りの校舎が多いです。まんぷくでは、武庫川女子大学の校舎もロケ地として使用されています。

今出川キャンパスについて

動画内でも紹介されていますが、

大学のキャンパス内に国の重要文化財が5つもあります。

最も有名なのは、クラーク記念館で同志社大学のシンボルにもなっています。

大学受験のパンフレットでも、たいたいこのクラーク記念館が表紙となっています。

どの建造物にも歴史があり、大学の敷地内を歩いただけでもタイムスリップした感じになるでしょう。

いやあ、知ってはいましたが、改めて同志社のキャンパスはカッコイイです!

関西地区の大学は同志社大以外の私学の雄、関西学院や立命館のキャンパスもおしゃれです。

よく、関東のMARCHと関西の関関同立で、どっちが上だ?みたいな議論がされますが、少なくともキャンパス対決においては関関同立の圧勝です。

MARCHの立教や青学も趣あるキャンパスですが、やっぱり同志社や関学の建物のほうが豪華でスケールが大きいです。

で、話を同志社のキャンパスに戻すと、

キャンパス内にある『ひなた』という学食がおしゃれすぎます。

なんですか、これは。

もう学食のレベルを超えている!

だいたい『和風創作~』とか、たかだか学食につける冠じゃないだろ。

同志社大学は、歴史文化財を内接する集客力のあるキャンパスを持つ大学でしたが、まんぷくのロケ地になったこともあって、注目が一層集まりそうです。

学食『ひなた』も繁盛しそうです。

受験生の数も増えるかもね。

武庫川女子大のキャンパスもロケ地に!

同志社大学以外にも、武庫川女子大学のキャンパスもまんぷくのロケ地に使われました。

大学に公式HPでもちゃっかり宣伝されちゃっています。

10月1日から放送が始まる、NHKの連続テレビ小説(通称「朝ドラ」)「まんぷく」の撮影が、武庫川女子大学甲子園会館で6月23日~26日の4日間にわたり行われました。

具体的に使用されたのは、武庫川女子大の甲子園会館という建物で、

昭和10年代当時の大阪で一番大きな「大阪東洋ホテル」という設定で武庫川女子大の甲子園会館が撮影されています。

撮影は、玄関前広場、屋上、1階ベランダ、庭園、西ホールなどで行われ、庭園では萬平と福子の結婚式が、西ホールでは大阪商工会定例会のシーンが撮影されました

一瞬という扱いではなく、だいたい的に利用されたようです。

甲子園会館へ来られたのは、安藤さん、長谷川さんの他に、松坂慶子さん(福子の母・今井鈴役)、松下奈緒さん(福子の姉・香田克子役)、桐谷健太さん(萬平の才能にいち早く目を付ける世良勝夫役)、片岡愛之助さん(萬平と会社を共同経営する加地谷圭介役)、橋本マナミさん(福子憧れのホテルの先輩・保科恵役)、橋爪功さん(大阪経済界の重鎮・三田村亮蔵役)などです。

松下奈緒と橋本マナミもロケで来たのか。

このまま上流貴族の夜会を開催できそうなくらい、豪華なメンバーです。

いやあ、和初期にトリップしてこんなホールで社交ダンスとか踊ってみたいです。それにでも豪華、もっと利用しないともったいない気もします。

日本の観光業に注目がされる昨今ですが、大学のキャンパスっていうのは案外観光の対象となるかもしれませんね。

まとめ

Sponsored Link

まんぷくのロケ地に使われたと思われる大学のキャンパスは、同志社大学の今出川キャンパスと、武庫川女子大の甲子園会館でした。

いずれも、大学おロケ地に使われるだけあって豪華な造りです。

どちらのキャンパスにも、安藤サクラと長谷川博己が訪れたのは間違いないようです。

どうでもいいけど、安藤サクラって朝ドラが似合う顔ですよね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ