欅坂46平手友梨奈の体幹トレーニングのやり方動画♪性格は根暗?

Sponsored Link

欅坂46の平手友梨奈が『TOKIOカケル』に出演し、彼女が普段ライブ前などに実践している体幹トレーニングを披露しました。

たしかにアイドルって『ダンサー』でもあるから、体幹トレーニングについては素人よりも詳しい側面があるのかなと思う。

平手友梨奈自身、中学時代はバスケ部に所属していたようで、運動神経は良いほうなんでしょう。

バスケットボールも体幹が重要なスポーツだし、アイドルになる以前から優れた体幹の持ち主だったのかも。

平手友梨奈の体幹トレーニングのやり方【動画】

平手友梨奈 性格

平手友梨奈が番組で披露していた体幹トレーニングだが、

おそらくコレだと思う。

私もそうだけど、部活動で経験済みの方は多いかも。

一日たった10秒のトレーニングで、

  • 体幹が鍛えられ姿勢も良くなる
  • お腹のプニ肉解消にもつながる

といった効果を得られますので、平手友梨奈みたいにスタイル◎女子を目指す方は必見です。

やり方はいたって簡単。

  1. うつ伏せになり、握りこぶしを床に下ろし縦につく
  2. 握りこぶしから肘までを床につけ体を支える
  3. 足のつま先を立て体を浮かせる(10秒間キープ)

但し、トレーニングを効果的なものにするためにはいくつかポイントがあるよう

  • 頭から足まで一直線になるよ意識する
  • お腹が沈んだりお尻が出っ張らないように注意

応用編は片足を上げたままで姿勢をキープするというもの。やってみたけどかなりきつかったです。

これはアラフォーのTOKIOのメンバーにはきついでしょうね。

なんか、ビリーズブートキャンプでも同じような動きがあった気がする。ビリーズブートキャンプ…なつかしい。

欅坂46平手友梨奈の性格は根暗?

平手友梨奈 性格

欅坂46平手友梨奈の性格は根暗だと評されることがある。

平手友梨奈といえば声質に憂いがあるのが特徴で、山口百恵のイメージで売り出されている側面がある。ゆえに性格が少々根暗っぽく印象づけられるのもしょうがないかも。

平手友梨奈 性格

ただ、最近になって話題になったことだが、平手友梨奈といえば、

映画「響 -HIBIKI-」の脚本に

『つまらない』

ダメ出しして書き直させたエピソードが有名です。

作品に対しての思い入れが強く、物怖じせず自分の意見をぶつける姿勢は、プロ意識が高かったとされる山口百恵に通じるものがあるかもしれません。

「響 -HIBIKI-」の映画監督によると、

「大変そうな人だし、きつそうだな。正直めんどくさいな」

っていうのが第一印象だそうで(笑)

根暗というか、とっつきにくい性格であるのはある程度本当のところかも。

まとめ

Sponsored Link

平手友梨奈が実施ている体幹トレーニングですが、実際にやってみると簡単にできました。

あの程度であれば長続きするでしょうし、おすすめです。

番組では北川景子がずいぶんとヘタっていましたが、あれは弱すぎでしょ(笑)

平手友梨奈との対比が面白かった。

一部で根暗?といわれる性格ですが…

映画「響 -HIBIKI-」でのエピソードを参考にする限り、

どことなく、とっつきにくそうな性格だなー、って印象を受けます。

でも、そんなとっつきにくそうな子が人気アイドルグループのセンターでバリバリ踊って歌ってる

それがエンターテイメント業界の面白でもあると思います。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ