滝沢秀明が養成所の校長?ジャニー喜多川との関係&後継者の可能性

Sponsored Link

ジャニーズの滝沢秀明が年度内にジャニーズ事務所を退社し、ジャニー喜多川が手がける養成所の代表に就任することに決定した。

この決定は事実上、ジャニー喜多川氏が自らの後継者を滝沢秀明に選んだのに等しいという見られ方がされており、

後継者はマッチじゃなかったのか?

と、ファンの間でも驚きがあるようだ。

なぜ今までジャニーズに養成所がなかったのか?

そもそも、なぜ今までジャニーズに養成所が無かったのかというのも気になる。

(ジャニーズjrはあったけど)

これまで本格的な養成所が無かったことの理由としては、ジャニー喜多川氏の目に適(かな)う人材がいなかったというのが大方の予想だ。

数々のトップスターを抱えるジャニーズ事務所だが、プレイヤーとしては一流でもプロヂュースする才能はまた別物であるので、人材選びには苦戦したのかもしれない。

近藤真彦や東山紀之が後継者に選ばれなかった理由

ジャニー喜多川の後継者には、マッチこと近藤真彦や少年隊の東山紀之の名前がたびたび上がることがあった。しかし、タッキーが選ばれたことにより、どうやらこの二人の可能性は少いように思える。

年齢的にはマッチや東のほうが適役にも思えるが、、、

近藤真彦は自由奔放な性格で知られるし、逆に東山紀之は一切妥協を許さない几帳面(過ぎる)キャラクターとされている。

プレイヤーとしては極端なキャラクターもありだが、教育者としてはやはりバランスの良さが求めれるので、年配の二人は指導者には不向きという判断があったのかもしれない。

滝沢秀明とジャニー喜多川の関係 

滝沢秀明とジャニー喜多川氏の関係だが、やはりファンの間でもジャニー喜多川が一番可愛がっているジャニメンはタッキー、という意見はかねてから多かったようだ。

タッキーが面倒見の良い性格の持ち主であることはある程度周知されているが、

面倒見の良さがジャニーさんに恩返しをしたいという気持ちから来ているのであれば、二人の関係は根強いものであることが推測できる。

まとめ

Sponsored Link

滝沢秀明が養成所の代表に選ばれたことについて、世間の声はどういったものが多いのだろう。ちょっと調べてみた。

いろいろな意見が散見されたが、特に目立ったのが

まだまだ現役でいけるのに…

もっと舞台で活躍する姿を見たい!

といったものだった。

ファンとしては当然かなと思う。自分の好きなアイドルの姿が拝めなくなるのだから。

まだまだ現役でいけるのに…とにかく現役続行を望む声が多い様子。

私としては、このま『だまだ現役でイケる』人材が指導者に立つからこそ、今回の養成所が意味あるものになると考える。

世代が離れるすぎると子供との価値観の違いが大きくなるため、いくら経験豊富であっても教えるほうと教えられる側のミスマッチが影響し、上手く機能しないことが予想できるからだ。

それにしても、まだまだ現役で活躍できる(=キャッシュが期待できる)滝沢秀明を指導者として固定させることができるのは、ジャニーズ帝国ならではだろう。並の芸能事務所ではこの判断は無理だったはずだ。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ