大学のサークル おすすめの選び方・入り方&失敗しない辞め方

Sponsored Link

大学といえばサークル活動、

中学・高校までの部活動と比べて、また違った雰囲気を味わえるのが大学のサークルです。

恋愛に発展しやすいのも、大学サークル活動のメリットなので、

男子女子ともに期待に胸を膨らませているひとも多いかと思います。

大学サークル/選び方・入り方のコツはオールラウンドにあり?

○○○が好きだけど、中学・高校時代の部活動みたいに、本格的に取り組むにはちょっと…

もっと緩い雰囲気のところで気楽にバスケを楽しみたい…

この点、

大学のサークルであれば、あなたの目的に合った合コン多めのゆる~いバスケサークルを見つけることもできます(笑)

多種多様が大学の良い点であり、大学サークルの優れているところです。

なので、迷っている新入生がいたら、とりあえず参加してみることをおすすめします。

 

で、今回はサークルに入ることを前提として、

どういった選び方・入り方をするのが良いかについて、まとめてみました。

サークル選びのpoint マイナビ学生

出典 https://gakumado.mynavi.jp/gmd/articles/4902/images?page=2

このデータを参考にすると、活動内容で決めるというのが最も多いです。

まあ、当然ですね。

あとは雰囲気ですが、個人的にはコレが一番大事かと思います。背伸びせずに自分にあった居場所を見つけるのがオススメ。

 

ただし、自分にあった雰囲気の集まりを見つけるのは、複数のサークルを経験してみないと掴めない面があるので、まずは、色々なサークルの飲み会に参加してみるのがいいのではないでしょうか。

オールラウンドサークルの裏メリット

大きめのサークル、総人数が50人を超えるような大所帯ですね。

こういった大きなサークルはそのほとんどが、テニスサークルオールラウンドサークル、このいずれかだと思います。

オールランドサークルとは、

テニス・バスケ・スキー・キャンプ・バーベキューなどとにかく何でもやるみたいなサークルです。

何でもやるというと、大変なイメージを持つかもしれませんが、雰囲気としては基本ゆるいです。

ワイワイガヤガヤ大好きのテニスやバスケといいつつも、実は飲み会がメインのサークル、そう思ってもいいでしょう(笑)

この手のサークルは飲み会も激しく、コールなども盛んなところが多いのが特徴、

ゆえに落ち着いた雰囲気を好タイプ中には毛嫌いする人も多いのが事実です。

私も実はそうでした。ただ、新入生にとってはメリットもあります。

それは

人数が多いのでその中でとりあえず気の合いそうな人を見つけやすいという点です。

オールラウンドサークルに残る人はともかく、新歓に参加する新入生は地味なタイプから派手なタイプまで色々います。

自分は地味だからそーいうとこは…

と、構えずにとりあえず1回だけでも参加してみましょう。

オールランドから少人数サークルへの移行

例えば、あるオールラウンドサークルの新歓コンパに出席して、

そこで自分の多少マニアックな趣味について(ライトノベルを書くのが好きとか)

盛り上がることのできる人物、嗜好が共通する人物、

そういった自分と同じ匂いのする人物とたった一人でも出会うことができれば、

それをキッカケとしてその人と一緒にライトノベル研究会の門をくぐるなどして、さらなる広がりへと発展することもあります。

一人で飛び込むには勇気がいる少人数のマニアック系のサークルであっても

二人でなら行ける確率も上がりますよね?

大学入り方 batakuso

オールランドサークルはこういったプラットフォーム的な使い方もできます。

Aちゃんとは○○っていうオールランドサークルの飲み会で仲良くなって、それでAちゃんと今度は二人で別のサークルの新歓に行ったの。

みたいな話もよく聞きました。

サークルに加入した新入生、その大半は半年以内には姿を消します。

オールラウンドサークルは特にその傾向が顕著です。

新歓だけ参加してあとは知らんみたいな学生は他のサークルの比較にならないほど大勢いるでしょう。なので臆することはありません。

あと、単位獲得の楽な授業など履修登録の情報集めにもなるので、

そういった意味でも新歓コンパには顔を出しておいて損はないです。

1回顔を出すだけでもそれなりの情報を得ることはできます。

こんな自分でも彼女を作りたい!そんな地味男子におすすめのサークル

あくまでも自分が学生だった頃の経験を元にした主観に沿った意見です。

マニアック系サークル×インカレサークル

こういったサークルは彼女ができやすいです。

インカレサークルとは、複数の大学で構成された大学のことを指し、

ここでオススメするのは女子大が含まれているインカレサークルです。

「○○大学と○○女子大、混合サークル」

みたいな感じです。

ある程度の規模の大学でないと女子大が一緒になったインカレサークルというもの存在していないかもしれませんが、もしあたなの通う大学にその類のサークルがあればラッキーです。

ここでのポイントは、

女子大とのインカレサークルで、さらに多少地味な男子が集まるようなサークルを選ぶことです。

私は大学時代(途中で辞めましたが)、洞窟探検をするサークルに所属していました。

もちろんそんなディープなサークルですから、集まる男子もその多くが地味メンです。

でも、不思議なことに他大(女子大)の女の子たちは普通でした。

派手派手のギャルはいないけどそれなりに落ち着いていてルックス的にもそこそこの可愛い子たちがいました。

それにも関わらず

そこでのカップル成立率は何故か高かったです。

しかも、

地味メンと(そこそこ)可愛い女の子の組み合わせが多い。

もさい男で構成されているんだから、まあ、そうなりますよね。女の子からすればその中から選ぶしかないんだから(笑)

それに女子大の子たちも、自分の通っている大学ではなく敢えてわざわざ他大のサークルに参加する、ってことは、多少なりとも恋愛目的があるってこと。

なので、インカレサークルはそもそも恋愛したい気持ちのある女の子が所属する確率が高いです。

それプラス、地味系男子の多いサークルを狙えば競争でも優位になります。

地味系×彼女を作りたい男子は地味系×インカレのサークルを狙いましょう。

サークルの辞め方(注意点)

せっかく入ったサークルですが、途中で辞めたくなることもでてくるでしょう。

ある大学の卒業生を対象としたアンケートでは、82%の学生が途中でサークルを辞めた経験があると回答しています。

辞めること自体は普通のことです。気にすることはないです。

問題はその辞め方です。

これは全員が悩む部分で、これが絶対に正解というものはないでしょう。

ただ、私の経験上これは止めたほうがいいというあまりよろしくない辞め方というのがあります。

まず、恋愛を理由に辞める、これは止めたほうがいいでしょうね。

止めたほうがいいというのは恋愛を表向きの理由にするのを避けたほうがいい、という意味であって、

本当の理由は、彼氏彼女ができたから辞める、これは問題ないでしょう。

実際、そーうひと、多いです。

ただ、彼氏ができた、彼女ができた、これを理由に辞めると印象が悪いので、

他の理由を探してそちらを表向きの理由としましょうということです。

勉強(資格取得)に力を入れたい、バイトで忙しくなった、

(女子だったら)親が止めろとうるさい、止めないと大学活かせないと言われたなど、このへんがスタンダードかと思います。

特に女子は、両親の意向ということにするのが効果大ですね。

親を出されるとなかなか引き留めることができません。

あと、

辞めたいなら、
「辞めたいんですけど」みたいに、弱気な言い方にしないこと。

「辞めることにしました」と、キッパリ言い切りましょう。

相談と取られると厄介です。報告形式にしましょう。

報告する相手も一番の権力者(普通は部長)にするのが話が早いですね。

中途半端に偉い人(同学年のリーダー的存在とか)に任せてしまうと、その後さらに部長から引き留めトークをされたりするなど面倒が起こりえますし、部長の顔も立てる必要もあるので一番の権力者にキッパリと告げましょう。

 

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ