子供へのクリスマスプレゼント♪枕元には何日のいつの時間に置く?

Sponsored Link

クリスマスは子供たちにとって、とても楽しみなイベントです。

ケーキや美味しい料理、みんなで集まってワイワイ過ごすパーティーなど、

心待ちにしている子供も多いと思います。

 

しかし、一番子供が気になってるのは、クリスマスプレゼントです。

いい子にしていれば、サンタさんがやってきて、

クリスマスプレゼントをくれるのだと思っているのです。

 

最近の子供は、大人っぽい子供が多いため、

サンタさんなんていないと言っている子供もいますが、

 

そのような子供にも夢をもってもらいたいものです。

何とか信じてもらうために、親たちは、様々な工夫をします。

 

今回は、クリスマスプレゼントを子供に渡す方法を紹介します。

自分のできる範囲で、子供に最高のクリスマスの思い出を作ってあげてください。

 

子供へのクリスマスプレゼント♪渡し方は?どこに置く?

子供にクリスマスプレゼントを渡す方法は、大きく分けて2種類に分かれます。

まず一つ目は、サンタさんからのプレゼントとして渡す方法です。

そして二つ目は、親からのプレゼントとして渡す方法です。

 

どちらの方法も、行ってる方は多いですが、

サンタさんからのプレゼントとして渡す方法は、子供がサンタさんの存在を信じている

もしくは、疑っているが心の奥では存在してほしいと願っている子供に対して使える方法です。

 

子供がサンタの存在を全く信じていない場合は、親からのプレゼントとして渡してください。

その場合も、普通に渡すのではなく、子供が喜ぶように、

他のダミーの箱をいくつか用意しておくと、宝探しのようになり、楽しい思い出になります。

 

家にツリーを飾っている場合、その下に置いておくと分かりやすいです。

 

枕元やツリーの下に置く場合、何日のいつ頃の時間に置く?

クリスマスプレゼントをサプライズで置きたい場合、

子供が寝ている間に置いておく必要があります。

 

一般的にはクリスマスイブである24日の夜、子供が寝静まった後に置いている方が多いようです。

しかし、親の仕事の都合などでクリスマスパーティーを23日に行う場合、

22日の夜に置いておくという方法もあります。

 

家庭の都合に合わせてプレゼントを置く日程を相談してください。

ツリーの下に置く場合は、子供が寝た後、そっと置くと良いでしょう。

 

枕元に置く場合は、最新の注意が必要です。

子供が寝てからすぐにプレゼントを置くと、ふとした時に起きてしまう可能性があります。

 

最高のクリスマスにするために、子供が熟睡するまで待って、そっとプレゼントを置いてください。

 

子供の頃のクリスマスにまつわる思い出・エピソード

私の家庭では、小学生低学年までサンタさんが来てくれていました。

12月になると、親から、サンタさんに欲しいものを伝えるため手紙を書くように促されました。

 

手紙は親に預けるとサンタさんに届くという仕組みです。

その後は、悪いことをすると、サンタさんが来てくれなくなると脅され、

12月は毎年、とても良い子になっていた記憶があります。

 

25日の朝には枕元にプレゼントが置いてありました。

とてもうれしかったことを覚えています。

 

そして、親にサンタさんからのプレゼントを自慢していました。

今考えると、この時が親の一番幸せな時間だったかもしれません。

 

まとめ

Sponsored Link

クリスマスプレゼントの渡し方は、家庭によって様々な方法があります。

一番大切なことは子供が喜んでくれるということです。

 

煙突がなくても、ツリーがなくても、サンタさんを演出することはできます。

子供にサンタさんへの飲み物やお菓子を用意させ、

夜中にそれを親がこっそり食べていれば、子供はサンタの存在を信じてくれます。

 

その時に、白いひげ(ひもなど)を一緒に置いておくなど、

少しの工夫で子供は信じてくれます。

 

楽しいクリスマスになるように、様々な工夫をしてくださいね。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ