年越しそばの代わりにラーメン・パスタ・うどんはアリ?【2018】

Sponsored Link

年越しそばとは、大晦日(12月31日)に縁起を担いで食べる蕎麦です。

日本では、年末の風物詩ともなっていますよね。

蕎麦は、他の麺類と比べると切れやすいので、今年一年の厄を断ち切るという意味で江戸時代から大晦日の夜に食べる風習がはじまったといわれています。

さらに昔から体にいい食べ物とされ、新しい年を健康で迎えられるように、という意味もあったとされています。

 

2018年を迎える年越しそばに『うどん』はあり?

うどんには、太くて長いことから、「健康長寿」など、昔から縁起のいい食べ物とされています。

近年では年越しにうどんを食べる人も増えていますが、縁起のいい食べ物、という考え方をすれば蕎麦のほうがうどんより理由も歴史もあります。

 

また、さぬきうどん振興協議会では年明けに縁起を担いで食べるうどん、「年明けうどん」を新たな麺食行事の普及を目的として提唱しています。

「年越しには年越しそばを食べて、年が明けお正月にはその年の幸せを祈りながら年明けうどんを食べましょう」というものです。

 

やはり、年越しには蕎麦を食べ、年が明けたらうどん、とすればどちらも食べられていいかもしれません♪

また、そばアレルギーという方には年越しうどん、でもいいのではないでしょうか。

 

そばの代わりに年越しラーメンはあり?

 

年越しにラーメン・・・なんて考えられなかったですが、ここ数年で全国的にじわじわ知られるようになってきました。大手企業なども年越しラーメンといった商品を販売しだし、広まったともいえます。

 

岐阜県飛騨高山では、年越しに蕎麦ではなく、ラーメンを食べる習慣があるようです。

ラーメン好きな方は、年越しもラーメンが食べたいという方もいると思うので、年越しラーメンもどんどんと広まっていくかもしれないですね。

 

そばの代わりに年越しパスタはあり?

 

年越しうどん、年越しラーメン・・・ときたので同じ麺類なら何でもありなのでは・・・と思ってしまいますよね。

実際に調べてみると、年越しパスタをするという方もいるみたいです。

食べるパスタは、ミートソースやナポリタンなど様々なようです。

その他はあり?

その他にも、調べてみると、年越し焼きそば、年越し寿司、年越しカレー、年越し牛丼、年越しピザ・・・など色々あるみたいです。

一年の終わりに好きなものを食べて年を越すということはいいかと思いますが、やはり昔からの風習、年越しそばを食べる習慣がなくなってしまうのは少し寂しいものです。

まとめ

Sponsored Link

年越しそばとは、大晦日に縁起を担いで食べる蕎麦、他の麺類と比べ切れやすいので、今年一年の厄を断ち切るという意味がある。

年越しうどん、年越しラーメンも近年広まってきており、実際に岐阜県飛騨高山では年越しラーメンを食べる習慣があるようです。

その他にも、年越し焼きそば、年越し寿司、年越しカレー、年越し牛丼、年越しピザで年を食べる方もいる。

江戸時代から現在まで年越しそばを食べるという風習が続いてきたので、今後も年越しは蕎麦を食べる、という方が1位であり続けてほしいものではあります。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ