クリスマスソング・赤鼻のトナカイの歌詞を英語にすると?【動画】

Sponsored Link

クリスマスソングで定番の赤鼻のトナカイ

日本語での曲も良いですが英語での曲調など気になり調べてみました。
日本語での曲の歌詞と英語での日本文への訳した意味が少し違うというのも興味深いところです。
それでは、赤鼻のトナカイの英語歌詞とこの曲の好きなところなどを紹介したいと思います。

赤鼻のトナカイの歌詞を英語にすると?【動画あり】

Rudolph, the red nosed reindeer
had a very shiny nose
And if you ever saw him
you would even say it glows

All of the other reindeer
used to laugh and call him names
They never let poor Rudolph
join in any reindeer games

Then one foggy Christmas Eve
Santa came to say
‘Rudolph with your nose so bright
won’t you guide my sleih tonight?

Then all the reindeer loved him
as they shouted out with glee

Rudolph the red-nosed reindeer
you’ll go down in history

you’ll go down in history

 

クリスマスソングの定番・赤鼻のトナカイが好き!

クリスマスの時期になるとデパートやスーパーなど様々な所で耳にする赤鼻のトナカイ。私が何故この曲が好きかと言うと、いつも笑い者にされていた赤鼻のトナカイ。ですが、暗い夜道を子供達の為にプレゼント配りをするサンタのおじさんにとってはその赤い鼻は夜道を照らしてくれる道しるべでした。

きっとトナカイは周りから笑い者にされる自分の鼻が嫌いだったと思います。ですが、サンタによってそのコンプレックスが自分のチャームポイントだと気づく事ができたのではないでしょうか?
誰にでもコンプレックスはあると思いますが、少し見方を変えるだけ嫌いな部分が好きに変わるという歌詞大好きです。

 

まとめ

Sponsored Link

始めに英語歌詞を日本文に訳すと少し意味が違うと言いましたが、大体は似ています
トナカイのルドルフは周りのトナカイとは違い赤いピカピカの鼻を持っていた。それが可笑しいと笑われいつも仲間に入れてもらえなかった。だが、サンタは霧の濃いクリスマスイブに自分のソリのガイドをしてくれと頼みます

トナカイはみな彼を大好きになり、ルドルフ君は歴史に名を残すだろうと喝采しました。
日本の歌詞より少し内容を深く語っているのが英語歌詞だと思います。
この歌を聴いて、自分に自信を持つ事ができたり、コンプレックスの見方を変える事ができる方が増える事を願います。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ