棒倒しの作戦・戦術を考える/勝つコツは?

Sponsored Link

棒倒しの戦術・戦略

棒倒しの作戦・戦術について考えてみました。

守備のコツは?

背が高く力の強い人を棒を支える役に配置し、スピードのある人を攻撃に配置するというのが棒倒しの基本的な戦術・戦略のコツです。

 

その上で、守備と攻撃、どちらに比重を置くか、この点については悩みどころですが、個人的には守備の強いチームが強いという気もします。

この動画の中のチームは、非常に守備力が優れているようで、大変参考になります。

 

上背のある身体の強さそうなメンバーを集めて、鉄壁に守っているのが分かります。

 

ただ、このチームは、前列で守っているメンバーのタックルがイマイチ弱い気がする(突進してきた相手に跳ね飛ばされており、防壁としての役割がイマイチです)ので、そこを強化すすると、もっと強いチームになったのではないでしょうか。

165586

タックルのコツ

タックルの基本を学ぶこと、練習することで、棒倒での守備が強化されます。

 

以下で、タックルのコツを説明します。

  • 腰をしっかり落として構える
  • タックルを仕掛けるタイミングを掴む

腰をしっかり落として構える

まず、しっかりと腰を落として相手を待ち構えましょう。

 

身体が伸びていると、相手の突進力に負けてしまい、弾かれてしまいます。

 

また、首を曲げて、肩を相手の腰に当てるタックルの仕方をする人もいますが、そうではなくて、顔を正面に向けて、そのまま相手のお腹部分に入ります。お腹部分を狙い、脇を取るのです。

タックルを仕掛けるタイミングを掴む

タックルを仕掛けるタイミング、つまり踏み込む足を意識することはタックルを効果的なものにする上で大変重要な事柄です。

 

踏み込むタイミングが早すぎると、相手までの距離が遠くなるので、相手の身体に上手くヒットさせることができません。

 

かといって相手に踏み込むタイミングが遅すぎると、相手の突進力に負けてしまい、ヒットさせても、こちらの身体が浮いてしまいます。

 

動画の1:05あたりで、相手のチームのメンバー(金髪)に突き飛ばされていますが、これはタックル失敗の例です。

 

腰を落として構えていなかったのと、タックルの踏み込むタイミングが遅すぎたため、力負けし、相手に突き飛ばされてしまっています。

マークする相手を決めておく

相手のチームの攻撃陣にも、メンバーによって強弱があるはずです。

 

なので、相手チームで強そうな選手は、予めマークしておいて、その選手に効果的なタックルをヒットさせることができるメンバーをぶつけることも、勝つ上での有効な、戦略、戦術になると思います。

攻撃のコツは?

攻撃のコツは、いかに速く守備陣に到達し棒までよじ登るかです。

 

なので、足が速く、かつそれなりに上背のある選手を、最低一人は、攻撃陣に迎えたほうがいいでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ