【山科ティナ】住友海上の漫画『ワタシアプリ』の仕掛けとネタバレ

Sponsored Link

山科ティナの漫画が、三井住友海上のWEBサイト上で無料公開されています。

読んだら必ず前を向きたくなるマンガ」と、紹介されていますが、

実際に、読んでみたら、ああ、そーゆうことね、と納得することができます。

ジャイロセンサーの仕組みを応用した作りになっており、前を向かないとハッピーエンドに辿り着かない仕掛けになってるのがミソです。

ここでは、三井住友海上の無料漫画『ワタシアプリ。』のあらすじや、仕掛けの具体的な内容についてまとめてみました。

若干、ネタバレになるので注意です。

『ワタシアプリ』のあらすじ

山科ティナ ワタシアプリ。 仕掛け ネタバレ あらすじ

 

ワタシアプリ。のあらすじを簡単にまとめておきます。

まず、主人公となるのは、都内の中小企業でOLをしている吉良桃子、

都会でのきらびやかな生活に憧れて、田舎から東京に上京したものの、現実はどこにでもいる平凡な自分に幻滅している。

しかし、そんな桃子にとって、唯一、輝ける場所がSNSの世界。

SNSにリア充満載の画像を投稿するために、

たいして仲良くない知人とさも仲良さそうな写真を撮ったり、一枚の自撮り画像をUPするために何十枚の写メを撮ったり、

挙句の果てには、プロフィールを偽ったり。

つまり、SNSの中で、精一杯幸せをするのが、桃子の生きがいとなっていた。

(SNS上では、MOMOというネームで投稿)

そんな折、スマホで見つけた『ワタシアプリ。』を通して、子供時代の自分と向き合うことになる。

同じタイミングで、モデルとして仕事をしないか?という依頼が、とある有名雑誌から舞い込む。

SNSの中の偽りの桃子が評価されたのだ。

その雑誌は、桃子が小さな頃からずっと憧れていた雑誌だったが、

しかし、一方で、評価されているのは、SNSでイイネをもらうためだけに、その瞬間だけリア充を気取った偽りの自分。

(ココからが物語の分岐点で、例の仕掛けが発動する)

山科ティナ ワタシアプリ。 仕掛け ネタバレ あらすじ(物語の分岐点となるページ(スマホを上に向けるか、下に向けるかの案内が表示される)

このまま偽りを通して、雑誌モデル(MOMO)として活躍する道を選ぶのか?

(=スマホを下に向けて読み進める)

それとも、雑誌モデルの仕事は断り、地味で冴えないOL生活をおくる本当の自分(吉良桃子)をさらけ出して生きていくのか、

(=スマホを上に向けて読み進める)

どっちを選ぶ(スマホを上に向けるか下に向けるか)で、物語のラストが変わってくる。

漫画の仕掛けとネタバレ

山科ティナ ワタシアプリ。 仕掛け ネタバレ あらすじ

 

山科ティナ

まず、漫画のストーリーだが、結末は3つに別れる。

前述の通り、スカウトのあったモデル事務所に対して、

地味で平凡なOL生活をおくる、本当の自分を打ち明けるのか

それとも

あくまでもSNS上の偽りの自分で突き通すのか

いずれを選ぶかで、ストーリーが枝分かれする仕組みになっている。

3つの結末をネタバレすると以下

地味で冴えない本当の自分を打ち明けるも、逆に、そのギャップが事務所に評価され、ありのままの自分を隠さずタレントとして活躍することに成功する。つまりハッピーエンド

いったんは、嘘の自分を突き通してモデルMOMOとして活躍するも、途中で思い直し、やはりありのままの自分を打ち明けることに…モデル事務所からは契約を打ち切られるが、自分の中のもやもやは晴れる。前を向いて歩いていこうと決意する。①に比べると劣るが、それでも、心の問題が解決したという意味では、そこそこハッピーエンドといえる結末。

あくまでも嘘を突き通し、SNS上の偽りの自分を突き通す。しかし、心の中では、いつになったら、前を向いて生きることができるのだろうか?と疑問が残る。つまり、バッド・エンド

最初の分岐点で、

本当の自分を事務所に打ち明ける、を選択する(スマホを上に傾けて読み進める)と、①に辿り着く。

いったんは、偽りの自分を突き通す(スマホを下に傾けて読み進める)も、

再度、用意されている分岐点で、

本当の自分を事務所に打ち明ける、を選択する(スマホを上に傾ける)と、②に辿り着く。

2度目の分岐点でも、なお、偽りの自分を突き通す(スマホを下に傾けて読み進める)と、③に辿り着く。

仕組みの秘密はジャイロセンサー

山科ティナ ワタシアプリ。 仕掛け ネタバレ あらすじ

三井住友海上の無料漫画『スマホアプリ。』で紹介されているインタラクティブな仕掛けとは、ジャイロセンサーを使用した仕掛けのことで、

物語の分岐点となるページで、

スマホを上にかざす(=スマホ本体を内側に倒す)か、

スマホを下にする(=スマホを外側に倒す)

で、表示されるページが異なるという仕組みになっている。

顔を空に向けて、スマホ画面を見ようと思えばスマホを内側に倒すことになるし、

逆に、うつむいたままスマホ画面を見ようと思えば、スマホを外側に倒すことになる。

スマホを内側に倒すか外側に倒すか、つまり、スマホ本体の角度によって、表示されるWEBページが異なり、ストーリーが枝分かれしていくという仕組みだ。

角度によって表示されるページが異なるのは、スマホ本体に内蔵されたジャイロセンサーの働きで、ジャイロセンサーとは、簡単にいうと、角度を見地するシステムのこと。

物語の分岐点となる箇所で、ジャイロセンサーが角度を検知し、その角度によって表示されるページが異なってくるというわけだ。

ワタシアプリ。以外にも、ポケモンGOや、デジカメ(の手振れ機能)、カーナビにも応用されている。

【山科ティナ】三井住友海上の漫画『ワタシアプリ。』のまとめ

Sponsored Link

三井住友海上のサイトで無料公開されている、山科ティナの漫画『ワタシアプリ。』ですが、

都会に憧れて田舎から東京に上京してきた女子や、SNSの投稿に疲れてしまっている人には響く内容かもしれません。

ワタシアプリ。をスマホで読む

しかし、何よりも、スマホに内蔵されたジャイロセンサーの仕組みを体感するのに最適だと思いますので、

ジャイロセンサーって何?って気になる方にとっては、良い媒体になるでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ