逆流性食道炎対策!きな粉ホットミルクの作り方【林修の今でしょ】

Sponsored Link

最近、男女の間で急増している、逆流性食道炎(胸焼けのような症状)。

脂っこいものを食べ過ぎたり、悪い姿勢(寝転んだり)のまま食事をしたりすると、逆流性食道炎になってしまうようです。

症状としては、胸や喉に痛みが主ですが、

この逆流性食道炎対策として、きな粉ホットミルクが効果的であると『林先生の今でしょ!』で紹介されていました。

喉や胸の痛みを予防、又は和らげる働きをしてくれるだけでなく、飲み物としても普通に美味しいので、かなりのおすすめです。

逆流性食道炎対策に、きな粉ホットミルクが効果的

逆流性食道炎 きな粉ホットミルク 

逆流性食道炎とは、胃の中にある胃酸が食道にまで逆流してしまうために起こる症状で、逆流した胃酸の刺激で喉や胸に痛みが走るのが特徴です。

では、なぜ逆流性食道炎にきな粉ホットミルクが効果的なのかというと、牛乳ときな粉が胃酸を弱め、又胃壁を保護してくるからです。

もう少し、具体的にその作用を説明すると、

牛乳…

アルカリ性食品のため胃酸を弱め、又は牛乳に含まれるタンパク質が胃壁を保護してくれる。

きな粉…

きな粉ホットミルク 逆流性食道炎

きな粉のタンパク質が、傷んだ胃壁を修復してくれる

といった具合にまとめることができます。

【送料無料】香ばしくカリカリした新食感の九州産 きな粉 【HLS_DU】国産 カリカリきなこ

痛みの原因となる、胃酸の刺激を弱め、さらに異壁を保護(コーティング)してくれるので、きな粉ホットミルクは、逆流性食道炎対策に効果的なのです。

ちなみに、逆流性食道炎対策の観点からいうと、アイスよりホットのほうが望ましいです。

胃が温まることで、胃にかかる負担が軽減されるからです。

では、気になるきな粉ホットミルクの『作り方』ですが、それを以下で説明します。

林修の今でしょ!で紹介された『きな粉ホットミルク』の作り方

逆流性食道炎 きな粉ホットミルク

きな粉ホットミルクの作り方は、とても簡単です。

  • ホットミルク200mlに、
  • きな粉を大さじ一杯加え、
  • 最後に、砂糖を少々加え、

以上で完成です。

脂っこいものを食べすぎたなと感じる日があれば、夜眠る前に、きな粉ホットミルクを作って飲むといいでしょう。

身体が温まるとよく眠れますし、一石二鳥です。

きな粉ホットミルクは普通に美味しいので、『林修の今でしょ!』で紹介される前から、逆流性食道炎とは関係なく、普通に飲み物として好む女子も多かったはず。

今回、逆流性食道炎対策にもなると耳にして、愛好者が急増するのではないかと思います(笑)

きな粉って、ヨーグルトに混ぜても美味しいですし、家庭に常備しておくと、何かと役に立ちますよ。

まとめ

Sponsored Link

逆流性食道炎対策には、きな粉ホットミルクがおすすめです。

痛みを和らげてくれるだけでなく、美味しいし、かつ作り方も簡単です。

『林修の今でしょ!』では、きな粉ホットミルクの他に、横隔膜を鍛えるトレーニングも紹介されていましたが、

(鼻から息をゆっくり吸う➔前かがみの姿勢で息を吐く…を4回~5回✕3セット)

バッチリ逆流性食道炎予防を施したいという方は、そちらも試してみるといいでしょう。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ