大杉漣がゴチに参戦!なぜ関西弁?息子はマイガールで相葉と共演?

Sponsored Link

ゴチの新メンバーに、大杉漣が選ばれました。意外な人選だと思われた方も多かったのではないでしょうか。

また、大杉漣のしゃべり口調が関西弁であることにびっくりしている人も多いみたいです。大杉漣は関西人なのでしょうか?調べてみました。

記事の後半では、息子さんのイケメン画像も掲載しています。息子はプロのカメラマンをやられているようです。多才な家庭ですね。

ゴチ出演の大杉漣は、なぜ関西弁?

大杉漣 関西弁

大杉漣が、ゴチのレギュラーメンバーに抜擢されました。そして、気になるのは大杉漣の話す関西弁です。

ある時まで大杉漣は、寡黙で渋い中年俳優というイメージが私の中でありました。

そして渋めの俳優=標準語の語り口調という図式が私の中で成立していたため、大杉漣が関西弁を話しているのを何かの番組(さんまのまんまだった気がします)で見かけて、

大杉漣って関西弁なんだ!

と、意外に思った記憶があります。

関西弁ということなので、てっきり、大阪、兵庫、京都あたりの出身だと、すっかり思いんでいたのですが…違ってました。

今回、調べてみたところ、大杉漣は徳島県出身であることが分かりました。

大杉漣 ゴチ

で、徳島弁なんですが、どうやら、徳島の方言は、エセ関西弁と揶揄されるくらい、大阪・兵庫の方言に近いもののようです。

海を隔てているので分かりづらいですが、よくよく考えてみれば、徳島は兵庫の隣県といえます。さらに、現在兵庫県の一部とされる淡路島ですが、かつては徳島県の領土だったという歴史もあるようです。

なので、徳島弁は限りなく兵庫の方言に近いということになります。

結果として、大杉漣の話す方言も関西弁に聞こえてしまうということです。

(もしかしたら、大杉漣の関西弁は正しいなまりなのかもしれないです。しかし、純正の関西弁と徳島弁を聞き分けることは、ネイティブでないと難しい、それくらい似ているのだとか)

徳島県を紹介しているこちらの観光サイトでは、徳島弁が語られています。

よくよく聞いてみると、語尾の扱いで「~けん」「~でよ」など、関西弁では馴染みのない言葉が使わている(ような気がします)。

ちなみに、私のような外部の人間からすると、四国と関西は違うという認識なのですが…徳島県民の中には「自分たちは関西人だ」と思っている方が多いらしい。

彼らの意見を受け入れると、徳島弁=関西弁という図式が成り立ち、大杉漣の方言=関西弁という、大杉漣は関西弁を話すという結論を導くことができます(笑)

大杉漣の関西弁を堪能したい方は『泣いたらアカンで通天閣』というドラマを見ると良いです。前編関西弁のドラマです。

大杉漣の息子はマイガールで相葉雅紀と共演?

大杉漣 息子 画像

大杉連の息子の名前は、大杉隼兵といい、かなり有能な写真家(カメラマン)のようです。

個展を開催した経験も幾度かあるようで、特に東日本大震災の様子を映した写真展が話題を呼んだようです。

画像を見ても分かる通り、かなりのイケメン。父・大杉漣の血をしっかりと受け継いでいます。

プロのカメラマンということで、大杉漣が主演する映画やドラマの撮影にもタッチすることがあり、

有名なエピソードとしては、嵐・相葉雅紀へのカメラ指導事件があります。

マイガールというドラマで相葉雅紀がカメラマン役を演じした際、そのカメラ指導をしたのが大杉漣の息子だったのですが、相葉雅紀は、最初、大杉漣の息子だと言われても冗談としか思わなかったのだとか。

あとで、本物だと分かり、びっくりしたそうです。

まとめ

Sponsored Link

大杉漣は関西弁らしきものを喋るが、それは徳島弁である可能性が高いことが分かりました。皆さん、耳を澄まして騙されないようにしましょう(笑)

そして、カメラマンをやっているイケメンの息子の存在も忘れてはいけません。

息子さんは、どこかでブレイクして有名になる気がします。有名女優との結婚とかありそう。

ゴチでの活躍を見守るとともに、大杉漣の偽関西弁と、イケメンも息子をCheckしておきましょう!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ