朝のむくみ顔を解消する食べ物は干しぶどう【世界一受けたい授業】

Sponsored Link

世界一受けたい授業で、むくみ顔を解消する方法が解説されていました。

最近、朝起きると、やたら顔がむくむなあ

そう感じていたら、その原因は季節的な問題によるものかもしれません。

春に入ったばかりの3月~4月は、冬の運動不足寒暖差が原因で、顔にむくみが生じやすいそうです。

むくみの原因は?

世界一受けたい授業 むくみ 解消 干しぶどう

むくみの原因は、体内に水が溜まることにあります。

逆の言い方をすると、体内に水を溜まらないようにする、水分を輩出するようにすれば、むくみは解消される、というのが基本的な考え方です。

当然、体内に水が溜まるような行動をとったり、水分が蓄積されてしまうような食べ物を食べると、むくみを増強させてしまいます。

朝のむくみ対策に効く食べ物は?

世界一受けたい授業 干しぶどう むくみ顔 朝 解消

前述の通り、体内に水が溜まるとむくみの原因となります。

つまり、食べ物は、身体の水分をなるべく放射してくれる食べ物、水分代謝を良くしてくれるものを口に入れることが有効です。

では、その代謝を良くしてくれる食べ物とは何か?

世界一受けたい授業では、

干しぶどうがむくみの解消になると、解説されていました。

(東京警察病院の澤田彰史先生により解説)

干しぶどうはカリウムが豊富で、体内のナトリウムを排出し、つまり、私たちの身体の代謝を促進してくれるそうです。

干しぶどうが苦手だ!

という方は、干しぶどうの替わりに、カリウムが豊富な食べ物を探して、毎日摂取するといいかもしれません。

私なりに調べたところ、

干しぶどうの他に、干し柿アボカドもカリウムが豊富のようです。

小倉優子がむくみに効く食べ物として『干し柿』と誤答していましたが、あながち、間違いではなかったようです。

さすが、こりん星出身!

ちなみに、プルーンは、干しぶどうに比べると、カリウムがかなり落ちるというデータがあります。

似たようなもんだと思うのですが…意外な落とし穴でした。

こんなむくみ顔解消法はNG!

Sponsored Link

世界一受けたい授業では、むくみ顔の解消法として、間違った方法も解説されていました。

私も知らないことばかりでしたが、

要するに、体内に水分を蓄積させる行為がNGだということです。

塩分の取りすぎ

塩分を取ることで、体内の水分が絞り出されることになるので、一見、むくみ解消に良さそうですが、ダメだそうです。

理由は、塩分を摂取して体内の塩分が必要以上に抜けると、人間の身体がそれに過剰反応し、より多くの水分を体内に取り入れようとするからだそうです。

要は、リバウンドしてしまうってことです。

冷水で顔を洗う

これも誤りがちなミスです。

冷たい水ではなく、むしろ、ぬるま湯で洗顔することが顔のむくみには効きます。

血行が促進され、余計な水分が抜けるからです。

夜、うつぶせに寝る

うつぶせに寝ると、重力が働いて、水分が下に溜まります。

偏って水分が溜まってしまうために、結果、顔がむくむことになります。

ちなみに、世界一受けたい授業では、寝返りを打ちながら眠るのが快眠のためには良いと(他の授業で)解説されていました。

水分のバランスが均一になる(=むくみを防ぐ)という意味でも、寝返りを繰り返しながら寝るのが理想的なのかもしれません。

 

以上、世界一受けたい授業で紹介された、

顔のむくみ解消法のまとめでした。

朝のむくみ顔が気になる方は、是非、明日からの朝食に干しぶどうを!

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ