たけしのニッポン★北海道GWの子連れに♪北の大地水族館の口コミ

Sponsored Link

3月31に放送の『たけしのニッポンのミカタ』で山の中の水族館として紹介された、北海道にある『北の大地の水族館』について、

もしかしてGWの子連れサービスにつかえそう?

と、気になったので、口コミ等を調べてみました。

水族館の様子を映した動画も載せていますので、

子連れ旅行に水族館はどうだろうと考えているお父さんには是非参考にしてもらいたいです。

動画をみるだけでも楽しめますので、おすすめです。

北海道『北の大地の水族館』の口コミ♪

たけしのニッポンのミカタ 北の大地の水族館 北海道 画像

『北の大地の水族館』を実際に訪れた方の口コミをまとめると、以下のようになりました。

  • 展示の仕方に工夫がある
  • 魚の解説が素晴らしい
  • 少規模で所要時間は短め
  • ドクターフィッシュと幻の魚イトウが人気
  • アクセスはちょっと分かりづらい

北の大地の水族館の感想や口コミをまとめると、

小規模ながらも、魚の見せ方が上手いので楽しめる!

といったふうになります。

多数の方の感想や口コミを参考にしましたが、皆さん、意見がほぼ一致してました。

展示の仕方に工夫がある

まず、何よりも、魚の展示の仕方に工夫がある!

他の水族館とは一味ちがう!

といった口コミがダントツで多かったです。

たけしのニッポンのミカタ 北の大地の水族館 北海道 画像

水槽の水も透明度が高い

北海道の山の中という、田舎にある小規模な水族館であるにもかかわらず、全国区のテレビ番組で特集を組まれるだけあります。

季節によって、展示の仕方が違うようなので、リピートがされるような努力もされているよう。

GW期間だと、季節的に外れるかもしれないですが、

冬の時期は、凍った水面の下を泳ぐ魚が人気だったようです。

他には、滝壺の泳ぐ魚の姿を垣間見れたりと、

とにかく、人工的な水槽を泳ぐ魚を鑑賞するのではなく、自然の中を泳ぐ「生きた」魚の姿を目にすることができる、

というのが、北の大地の水族館のウリです。

さすが、建物自体が自然(山)の中にあるだけあります。

たけしのニッポンのミカタ 北の大地の水族館 北海道 画像

滝つぼ泳ぐ魚の姿は自然そのもの

なるべく子供を自然に触れさせたい、でも実際の海や山に出かけるのはちょっと面倒…

というお父さんには、GWの子連れ先としては打って付けではないでしょうか。

魚の解説が素晴らしい

展示と関連するのですが、この北の大地の水族館、

単に見て終わりではなく、訪れる子供に魚に関する知識も蓄えてもらいたい!

という想いがあるようで、

魚の解説にもなるべく目を通してもらえるような工夫がされているようです。

これまでにも、魚の解説板を、

ポケモンGOのプレイ画面風にしたり、LINEのトーク画面風にしたりと、

訪れる子供の心をキャッチするよう、たゆまぬ努力をされています。

確かに、魚の解説板は無視しがちですよね。子供ならなおさら。

教育にも良さげな水族館です。

小規模・所要時間は短い

さすがに、立地が北海道の山の中ということもあって、

北の大地の水族館の敷地はそれほど広くありません。

つまり、少規模です。

所要時間としては、10分~15分くらいみたいです。

ドクターフィッシュと幻の魚イトウが人気

ドクターフィッシュが最も人気のようです。 しかし、幻のさかな「イトウ」が見れることも見逃してはいけません。 イトウは、生態に謎が多いこと、自然会でも滅多に遭遇できないことから、幻の魚と言われています。

アクセスはちょっと分かりづらい

北見国道を走り『レストランハウス温根湯』の看板が掲げられた交差点を曲がります。

水族館を目指すというより、『道のおんねゆ温泉』を目指すようにして車を走らせれば、到着できます。

注意してないと、通り過ぎてしまう位置にあるみたいです。

GWの子連におすすめ!たけしのニッポンのミカタでさらに人気に?

Sponsored Link

北の大地の水族館ですが、これまでも何度かメディアで紹介されてきました。

しかし、今回、『たけしのニッポンのミカタ』で特集されることで、さらに人気が出そうです。

(展示や解説に工夫があり教養にもなるので)GWの子供連れ先としては、申し分ない施設であることは、間違いありません。

ただ、もし可能であれば、混雑を避けるため、GWをあえて外して出かけるというのもおすすめです。

北の大地の水族館・公式HP

普段はそれほど混んでいない様子ですが、海の日は混雑していたという報告もありました。

こんな素晴らしい水族館があるんて、地元の方が羨ましいです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ