吉田ワタルの歌詞に感動!鉄拳のパラパラ漫画きらり輝くの曲名は?

Sponsored Link

鉄拳が描くパラパラ漫画『きらり輝く』の発表がされました。

さっそく視聴してみたところ、まず、最初に感じたことは、曲が良い!!ということです。

出だしの『飛べる気がしてた』という、部分で、ああ切ない物語なんだなと、瞬時に理解できました。

きらり輝くに限らず、鉄拳のパラパラ漫画については、BGM曲に注目して視聴している人も多いと思います。

鉄拳・パラパラ漫画の名作『振り子も』も名曲が流れてのヒットでした。

(もちろん、漫画の内容が素晴らしいのは、言うまでもありません)

毎回、良曲を提供してくれていますが、今回は、特に感動的で素晴らしかったと思いました。

歌詞が分かりリやすくシンプルなぶん、余計に歌声が響きますね。

鉄拳のパラパラ漫画きらり輝くの曲名は?

鉄拳 パラパラ漫画 感動 吉田ワタル きらり輝く

鉄拳

さて、鉄拳のパラパラ漫画『きらり輝くの楽曲』が素晴らしいという話でしたが、

肝心の、楽曲は誰が提供しているのでしょうか?

どうやら、The Order Madeのボーカル『吉田ワタル』氏が担当しているようです。

ツイッターでもしっかり告知されていました。

『きらり輝く』の作詞と歌唱とあります。

この点、曲名も漫画のタイトル『きらり輝く』と同じなのか、若干、曖昧ですが、鉄拳のパラパラ漫画のために描き下ろしたとなれば、楽曲名も、きらり輝くのでいいのかもしれません。

この吉田ワタル氏、小室哲哉とも音楽を通じて縁があるよう。音楽家としての実力も認められているようです。

こちらの動画で演奏されている楽曲は、『きらり輝くと』は違って、UPテンポの曲になっています。

イントロが個性的ですね。曲の途中途中、音の合わせ方にもセンスを感じる部分があります。

聴いていると元気になれるようなメロティーと声ですね。

吉田ワタルの歌詞に感動!

鉄拳 パラパラ漫画 曲名 吉田ワタル きらり輝く

吉田ワタル氏

きらり輝くの歌詞は本当に良いですね。感動します。

田舎を離れて、社会の厳しさを思い知らされ中の若者には響くののではないしょうか(笑)

特に、長野出身の若者に対してなら、吉田ワタル氏の書いた歌詞の内容がどストレートに届くはず!

登場人物の男性は、新卒で入社して、3年くらい経ったくらいの若手サラリーマン?

年齢でいうと、25歳前後でしょうか。

これくらいの年齢って、

自分のやりたいことは何なのか?

夢のために、いったん会社を辞めるのもありか?

今なら挑戦してもまだ許される年齢かもしれない…さて、どうする自分?

などなど、

ある意味、十代の頃よりも、自分の将来に強く向き合ったりする年齢かもしれません。

また、故郷を離れるなどすると、今まで当たり前のように側にいた友人や家族、恋人といった人たちと会う機会がめっきり減ったりして、今まで近くにいた人の優しさや暖かさを再確認する年齢だったりもします。

逆にいうと、自分の弱さに気づかされる時期だったりもして。

変な言い方ですが、弱さや困難に直面することが多いという意味では、人生で最も感動的な時代なのかも。

吉田ワタル氏の歌詞はこのあたりの心情を、ストレートに過不足なく伝えていると思いました。

まとめ

Sponsored Link

歌詞の内容でも触れられていますが、人の優しさに接した後の景色っていうのは、それまでの落ちこんでいた時に映った景色とは、また全然違って、輝いてみえたりします。

 

主人公の目に映った長野の景色も、心の有り様、人との触れ合いによって、どんよりとくすんだり、きらり輝いたり、涙で揺らいだり、その時々、様々だったことでしょう。

 

以上、鉄拳のパラパラ漫画の新作『きらり輝く』の歌詞の内容が感動的で素晴らしいという話でした。

結局、曲名は『きらり輝く』でいいのかな?

追記:

歌詞の全文が、吉田ワタル氏本人のブログで公開されています。

気になる方は↓を参照。

『きらり輝く(仮名)』の歌詞全文

ブログの内容からすると、

曲名自体は存在しないのだけれど、しいてタイトルを付けるのなら、やはり『きらり輝く』に落ち着く可能性が高いようです。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ