過払い金請求できる?-カード紛失、明細がない、会社を忘れた場合

Sponsored Link

過払い金の請求は、時効期限が迫っている(完済後10年まで)ため、早く請求したほうがいいとよく言われます。

しかし、昔、カード会社からお金を借りて、カードを使っていたのだけど…

カードを紛失してしまって手元に無い…

あるいは、契約書や明細が何一つ残っていない…

場合によっては、そもそも、どこの会社から借りたすら忘れてしまった!

という、パターンがあるかと思います。

資料がなくても過払い金請求はできる?

過払い金請求 カード紛失 明細ない 会社忘れた

法律事務所に勤務していた、私の経験をもとに皆様にアドバイス致しますと、

借金を返済し終わっている限りは、特に資料が手元になくても問題ありません

先に挙げた、どのパターンであっても、過払い金請求をすることができます。

実際に、そのケースで来所される方は珍しくないです。日常的によくあることです。

カードや明細が無いまま出向いたからといって、弁護士や司法書士に嫌な顔をされることは無いですし(よほどのことが無い限り)、この点は心配してなくていいでしょう。

(但し、あるに越したことは無いので、手元に残っているならば、資料になるものを持参しましょう)

カードを紛失してしまった場合

過払い金請求 カード紛失 明細ない 会社忘れた

カードを紛失してしまっていても、過払い請求はできます。

そもそも、過払い金請求ができ得るか否かは、借入先の会社に取引履歴が残っているかによります。

依頼主の手元に資料が一切なくても、借りていた事実が存在する限り、

取引履歴(いついくら借りて、いくら返したか分かるような記録。明細のようなもの)は、借入先の会社に残っているのが通常です。

向こうが故意に履歴を消した、あるいは、過払い金請求がされるのを嫌がって、履歴を出してこないのでは?と、心配される方もたまにいますが、

法律上、向こうに開示義務があります。送ってこない、なんてことは、よほど悪質な業者でない限りありません。

いずれにせよ、カードは紛失していても過払い金請求は可能です。

ただし、借り入れ先に登録していた住所・姓名と、法律事務所から送付した依頼主の住所・姓名が一致することが確認できないと、履歴を取り寄せることができません。

この点、借りていた時の住所が曖昧であっても、免許証番号で照合も取れますので、最低限、免許証や保険証などの、身分証明証は必ず持参しましょう。

明細や契約書が無い場合

過払い金請求 カード紛失 明細ない 会社忘れた

この場合も、カードを紛失してしまった場合と同じです。

結局、法律事務所の側で、借入先から明細と同じもの(履歴)を取り寄せるので、本人確認さえできるもの揃っていれば、過払い金請求は可能です。

ただし、明細があると利率等が判明したりするので、より的確にアドバイスできる確率は高まるかと思います。

手元に残っているのであれば、持参しましょう。

とはいえ、あったらいいかな程度なので、明細が無いからといって、過払い金請求を躊躇する必要はありません。

明細が見つからずに、もたもたしている暇があったら、さっさと弁護士事務所・司法書士事務所に出向きましょう。

そちらのほうが懸命です。

借りた会社を忘れた場合

過払い金請求 カード紛失 明細ない 会社忘れた

借りた会社がどこか忘れてしまったという場合も、たまにですがあります。

この場合は、カードを紛失した、明細が無いといったケースに比べると、いささかやりづらい感あるのが正直なところ。

実務上は、借入先の会社を忘れてしまった場合、ある程度、このへんだろうと、当たりをつけて通知を送ることになります。

A社、B社のいずれかは忘れたけど、借りていたのは間違いない。というのであれば、とりあえず2社に通知を送って、ヒットしたところに対して過払い金請求をしていくという感じです。

全く検討もつかないというのであれば、過払い金請求を諦めろとは言いませんが…

法律事務所に来所する前に、電話で借入の事実があったか否か、確認してからにしましょう。

例えば、A社から借入があったのであれば、

~という者ですが、過去に御社から借入した事実はありますでしょうか?と、電話でA社に確認を取ることで、回答が返ってくるはずです。

まとめ&注意点

Sponsored Link

以上、過払い金請求について、

カードを紛失した、明細が無い、借入先の会社を忘れてしまった、

いずれの場合も、請求可能です。

ただ、返済がまだ残っっている場合は、

(完済した場合と同じように、カードや明細はなくても過払い金請求できます)

完済している場合と違って、信用情報に影響する(=事故登録されて、借入がしばらくできなくなる)ので、この点は注意しましょう。

勘違いしやすい点として、

お金の借入は無くても、SPでカードを切っていたり、カードで定額決済(毎月、カードで光熱費・通信費などを払っている)をしていれば、それも借入に該当しますので注意が必要です。

Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ